日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

渋滞は移動する・・・渋滞の解決は他の渋滞を生む、この行き着く先はどうなるのか?

この夏も長距離ドライブでは何回か渋滞に遭遇した。特にお盆の徳島行きは神奈川県内で事故渋滞と自然渋滞の両方に巻き込まれ散々だった。こうやって渋滞に遭遇して、大変な目にあっていると、普段から渋滞に関心が向く。

 

f:id:mnoguti:20190506111950j:plain

そうすると車に乗っていないのに、日本道路交通情報センターのHPに行って渋滞の状況を見たりする。日々の渋滞は、大体、いつも決まったところで発生する。しかし、少し長い目で見るとそうでもないことに気づいた。

 

f:id:mnoguti:20190827223256p:plain

高速道路の渋滞を念頭に考えているが、高速の渋滞解消は遅い車が走る車線(ゆずり車線や登坂車線)を増やすなどの対応はできるが、上り坂を平らにしたりするなど根本的な改良は加えられない。だから渋滞の発生箇所は、上り坂の手前が多い。あるいはかつての料金所のように強制的に速度を落とされる場所だ(今だと工事区間とか)。

上り坂の手前の渋滞が少なくなるのは、代替路ができた時ということになる。例えば、新東名の浜松いなさJCTから豊田東JCTが開通して、東名の音羽蒲生あたりの渋滞がなくなるとか、高槻から神戸まで新名神ができて中国自動車道等の渋滞が減るとかだ。

 

f:id:mnoguti:20190817091508j:plain

そうやって高速道路網が完成していくと徐々に渋滞はなくなり、いずれは渋滞が全くなく快適なドライブができるのではないかと漠然と考えていたが、実はそうじゃないということに最近気付いた(ここで書くようなことはすでに既知という人も結構いるだろう)。

例えば、首都高渋谷線の三軒茶屋から大橋JCTあたりや東名の神奈川県内はかつてよりより渋滞が激しくなっているように感じるし、京都は上り線の渋滞がひどくなっている。そして最近は伊勢湾岸道で渋滞に引っかかるようになったという具合だ。これまでも渋滞の名所だったところの渋滞がさらにひどくなっている。

 

f:id:mnoguti:20190817091419j:plain

理屈は簡単で、あるところの渋滞が解消されると、他のまだ対応できてない渋滞発生場所の交通量がさらに増えて、そこの渋滞がひどくなるのと、隠れ渋滞箇所が顕在化するからだ。つまり料金所がETCになり、渋滞が少なくなっている分、そのしわ寄せは他の渋滞を激しくしていることになる。

 

それまで渋滞にならずに済んでいた場所が交通量が増えたことによって渋滞が発生するようになる。これは京都の渋滞が該当するかもしれない。以前は上り線で草津JCT新名神に入るところは渋滞はなく、京都東から京都南あたりを中心に渋滞していたのだが、最近は草津JCTから始まっていることが多い。例外的だが、新名神の宝塚北SAのようにそこにわざわざ寄る車で本線まで渋滞になってしまうようなところもある。

f:id:mnoguti:20190825140658j:plain
いづれは自分が通るコースでは渋滞はなくなるのだろうと思っていたが、それはどうか分からないというのが本当のところだ。例えば、東名の神奈川県内は新東名が完成してもおそらく混雑は変わらない。伊勢湾岸道もさらにひどくなることは考えられるが、その逆はどうだろうか。草津JCTを先頭にした渋滞は大津から高槻まで新名神が開通すると解消されるかもしれないが、その分、どこかで新たに渋滞が発生する可能性は十分ある。それが伊勢湾岸道かもしれない。

完全自動運転になって、AIで車の流れを制御すれば渋滞は解消されるのだろうか。それでも完全に需要をコントロールできない限り無理なような気がする。人が移動する限り、車の渋滞は無くならない。

逆にこれからの渋滞箇所は以前は分散していた渋滞がそこに集中して起こることになり、より激しい渋滞になると想像できる。これからは渋滞に巻き込まれるとより大変になる・・・渋滞は避けて行動するようにしましょう。