日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

隅田川テラスSSD1時間:6月初めてのラン(縄跳び2分)・・・すべてが鈍ってます

皆さま、ご無沙汰しておりました。5月14日以来の隅田川テラスでのランを楽しんでまいりました。全く走っておらず、スクワットなどHIITも最近はほとんどしていなかったため、全身鈍ってまして、普通には走れない・・・ということで、LSDならぬ、SSD(Short Slow Distance)を1時間ほどしてきました。

 

先月14日から走らなかったのは何かあったわけではなく、まあ、仕事がちょっと忙しかったというのはありましたが、マスクでランニングというのに抵抗感があったのでちょっと遠ざかっておりました。

f:id:mnoguti:20200606155813j:plain

本日は、一応、Buffを準備して行きましたが、お昼ごろのテラスは、蒸し暑さのためか以前ほどは混み合っておらず、マスクするほどでもない状況でした。それでもランナーの多くはマスクをして走っていました。散歩の人はしてない人も結構いました。そういう中で私はと言えばしませんでした。やはりこの蒸し暑さでBuffをしながら走るのは到底無理ということで、人との間隔に注意しながら走った次第です。

 

本日のSSDの内容(ラップ)は以下のとおりです。なお、本日のGPSはほぼ正確でした。

  • 01キロ:6分49秒:SSDなのでこのくらいか
  • 02キロ:7分17秒:豊海橋越え
  • 03キロ:7分05秒:これが基準のペース
  • 04キロ:7分37秒:永代橋越えも、何となく走れている
  • 05キロ:7分36秒:もう少し速くても良かったかも
  • 06キロ:9分19秒:萬年橋越え、少し疲れて歩いた
  • 07キロ:9分02秒:魔の区間だが、ここも歩きが入る
  • 08キロ:10分46秒:永代橋越え、ここも歩きが入る
  • 残 り:2分36秒(6分20秒):最後少し上げました

まあ、こんな感じ。

 

ほぼ3週間ぶりの隅田川テラス・・・意外と走れたというか、やはり後半は歩いたなというか、ペースや距離はともかく、もう少し走ろうよとか、色々考えながら走った8キロになりました。

今回のランシューは、On Cloudrushでした。相変わらず走りやすいですが、これを履くほどのペースでは走れないのが今の自分。秋に向け、徐々に走れる用意して行きましょう。

f:id:mnoguti:20200606155800j:plain

また、本日は、こちらも久しぶりに縄跳びしました。跳んだ時間は2分少々、回数にして300回弱ぐらいでしょうか。

連続して跳ぶと、70回目ぐらいからふくらはぎが痛くなってきます。今日の連続跳びは、90回越えが1回あっただけ、その他では70回越えぐらいか。飛んでいると始まる脹脛の筋肉痛はひたすら鍛えるしかないのだろうか。縄跳びは続く。

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

自分の記事のアクセスベスト3:縄跳び、徳島ラーメン、焼きそばの話題

自分のブログ日本橋浜町Weblog(日々酔亭)の記事でアクセス数が多いのは大概は数日前に書いた記事が上位にくるのが常だった。

mnoguti.hatenablog.com

 

ところが、外出自粛になってからずーっと上位に来ている記事が、下の写真の通り、縄跳びの記事だ。以前にもランニングの記事の中で触れたことがあったかと思うが、確かにテラスをランニングしていると縄跳びしている人が結構いるし、家の周りの路地などで飛んでいる親子とかも結構いる。

f:id:mnoguti:20200606105418p:plain

書かれたのは2019年の5月、つまり1年前田が、それでも読まれている。記事の内容自体はそれほどのことも書いてない。むしろいかに自分が飛べないか、飛び続けることが難しいかが書いてある。この内容では、検索でわざわざみても参考にならないだろうと思う・・・のだが、どうなのだろうか。

mnoguti.hatenablog.com

以前は、隅田川テラスの自分が走るときにたどる距離別のコースを紹介した記事が上位の常連だった。こちらは書かれたのは2015年の3月。最近はそちらは上位に顔を出さなくなった。これは多分、自分が走る回数、つまりランに関する記事が極端に減ったことに関係すると思う。あるいは皆が知るようになったということだろうか。

 

それが下の記事。隅田川には橋がいくつも架かっているので、その橋をうまく使うと色々な距離の周回コースができるのがいい。最近は一般道に出るところがさらに少なくなっているので、安心して走れる。

mnoguti.hatenablog.com

さて、運動系の記事の話題はここまで。その他で最近目立つのが次の食の記事だ。徳島ラーメンとソース焼きそば

 

まずは徳島ラーメン。徳島製粉さんが作るインスタントの徳島ラーメン。美味しいのはもちろんだが、記事自体は、トッピングが玉子だけというシンプルなラーメンの作り方がかかれ、美味しいと紹介しているだけの記事。書かれたのは、2015年6月・・・上のランニングコースの記事と同様に古い。

mnoguti.hatenablog.com

何でこの記事がこれほど検索されるのかがよく分からない。徳島ラーメン自体は徳島のご当地ラーメンとして結構話題になるのは分かるけど、こちらはインスタントの袋麺だから・・・さらにこれの兄弟記事のようなものだが、金ちゃんラーメンの記事も結構読まれているみたいだ。

mnoguti.hatenablog.com

もう一つ、これは去年の9月でまだ1年経っていないが、食べ物の記事の中では、上の徳島ラーメンの記事のように上位にランクされ続けている。

mnoguti.hatenablog.com

これは作り方からできたところまで解説調に書いてある内容だが、そんなに特別な作り方はしていない・・・ごく平凡な記事。成城石井さんのこの焼きそば、美味しいからそれだけ関心が高く、それでみんなが検索していて、アクセスが伸びているということか。

常連のアクセス上位の記事も長い目で見れば少しずつ入れ替わっているが、最近、上位で目立ち続けているのはこれらの記事だった。

 

今度、機会があったらアクセスログを調べて、どういう特徴があるのか調べてみよう。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

先週末の学会にオンラインで参加:これからの形のプロトタイプになるか

6月は、春の大会を開く学会が多いのではないと思う。4月の入学や進学に伴う諸手続きが終わり、授業も軌道に乗ってきた頃で、開きやすいということだろうか。

 

今年、その学会の大会もCOVID-19の影響を正面から受けた形だ。研究報告が主になるので、対面で報告し、議論することが主になる。それが今回の件で出来なくなった。数年前なら中止せざるを得なかったと思うが、ZoomやWebex、Teamsなどオンラインアプリが使いやすく、普及期に入っていたこともあり、これをフルに活用しての大会のオンラインでの開催であった。オンライン大会ではZoomが使われていた。

f:id:mnoguti:20200602135143p:plain

自分の参加は少しだけだったが、それでもオンラインで参加できることのメリットは十分感じられた。どんなメリットがあったかというと・・・

まず、時間と費用の節約だ。今回は九大で行われたわけだが、通常であれば参加に移動のための時間や費用がかかるが、オンラインだとそれがかからない。個人で使える研究費がない会員には非常に助かる。これだけで参加者がかなり増えるのではなかろうか。

 

次に、報告が聞きやすかった。画面には発表資料や報告者の顔が映し出されるようになっており、報告が資料もみやすく、報告も聞きやすかった。対面でのその場の雰囲気とは違うが、これはこれで自分は良かった。

なぜあなたの研究は進まないのか?

なぜあなたの研究は進まないのか?

  • 作者:佐藤 雅昭
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本
 

そして、会場間の移動が楽。オンラインなので当然なのだが、いろいろな発表会場への移動が簡単にできるのが良かった。大学によっては会場間が結構離れていて、構内の移動で時間を取られてしまい、発表を聞けないなんてことも通常はあるが、オンラインでは移動時間はゼロなので、自分の予定通りに聞くことができる。

f:id:mnoguti:20200605223837p:plain

デメリットは・・・

システムのトラブルの発生。今回の大会でも2日目に一部でシステムのトラブルがあったようだが、技術の成熟はこれからなので、ここ数年はこういうトラブルの発生は覚悟しないといけないだろう。

そして現地にいけない。やはり学会の楽しみの一つは開催校の地元、その土地に行って、いろいろ見聞きできる点がある。オンラインだとそれが全くなくなるのでその点は寂しいかと。

 

研究者同士の交流は弱くなる。オンラインなので休憩時間などに研究の話などを親しい者同士ですることがむずかくなった。これは、一部、オンラインで交流会が開かれていたようなので、徐々にそういう交流会が重層的に開かれるようになれば解決する問題かもしれない。

自分が感じたメリット・デメリットは以上の通りだ。システム上の品質や不安定さは技術上の問題なので早急に改善されていくであろう。また運用上の改善点も何回か実施される事でマニュアル化され、スムーズな運営になるのは難しいことではないだろう。

なぜあなたは論文が書けないのか?

なぜあなたは論文が書けないのか?

  • 作者:佐藤 雅昭
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本
 

秋の大会も完全オンライン実施なので、研究交流が活発になるような工夫が出てくるのではないかという期待を抱きながら秋を待ちたい。

将来、COVID-19が克服された後も、オンラインでの大会参加の機会は残してほしい。時間と費用の制約がある研究者にとっては貴重な参加の機会となる。こういう機会を残すことは、長期的には日本の研究環境改善の一環となり、しいては研究レベルの向上につながるのではないかと思う。

最後に、大会運営のみなさま、発表者や討論者のみなさまは、対応が大変であったと思います。みなさまのおかげで、みのりの多い大会になったこと、感謝いたします。

ありがとございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

名古屋コーチンの厚焼き玉子:ウィズコロナ制約下で、いかに経済活動に貢献するか?

非常事態宣言は解除されたが、人の動きは30〜50%程度だろうか。元に戻せば第2波が来ることは必至、現在の東京はその瀬戸際かという状況だ。そして経済もどうにかしないといけない。

 

少なくともこれ以上経済活動が落ちるのを手をこまねいて見ているわけにはいけない・・・となれば、自分も収入が減って苦しいところではあるが、もっと苦しんでいる人たちのために何かできることはないかと考えるだろう。

f:id:mnoguti:20200604220839j:plain

この名古屋コーチンの卵で作った厚焼き玉子もそんな考えからできた一つだ。めっちゃ美味しい。

 

1本1000円、写真は半分で500円。どうだろう・・・ご希望の方はご一報を。直接手渡しできる人なら、入手することは可能です。

f:id:mnoguti:20200604220740j:plain

名古屋コーチンの養鶏場も今回のコロナ禍で被害にあっていて、やはりこういう高級食材は銀座などの高級なお店が使ってくれないとなかなか売れるものではない。売れなければ作らなければいいというのはものづくりの世界だが、この世界はそうはいかない。相手は鶏、名古屋コーチンだ。人間様の世界の出来事とは無関係に卵を産み続ける。

f:id:mnoguti:20200604220657j:plain

経済活動は止まっている。いつ正常に戻るか分からない、でも玉子は毎日産み続けられる。このままで処分するしかない。それを知った時、少しでも捨てないように協力できればということで、お店で使う量の何倍もの卵を購入し、厚焼き玉子で売っている。

 

美味しそうでしょう。本当においしいんですよ。お鮨屋さんが一つ一つ丁寧に焼き上げた名古屋コーチンの厚焼き玉子。

f:id:mnoguti:20200604220759j:plain

本当においしいですよ。何層にも焼かれていて、さくっとした歯触り、出汁が入っているので単なる玉子焼きとはまた違う、一味も二味もおいしい厚焼き玉子。

f:id:mnoguti:20200604220721j:plain

無添加なので、消費期限は焼き上げてから3日ぐらいらしい。食べ始めればおいしいのであっという間に1本ぐらい食べてしまう。子供がいればそれこそ2、3本はあっという間に食べてしまうだろう。

ご飯のおかずでも、酒のつまみでも、おやつでもいろいろ楽しめる。美味しさは保証しますが、好みがあるので好みに合わない人にはごめんなさいorz

f:id:mnoguti:20200604220821j:plain

こうやってコロナ禍の経済の損害をどれだけ防ぐか、防げるか。治療薬か予防薬が開発されない限り、行動が従来のレベル並に100%戻ることはあり得ないのだから、こうやって少しずつ皆で痛みを分かち合って損害を薄くしていくしかない。

その時、自分は何ができるか・・・考え込んでしまう。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

5月のラン:前半は走った・・・後半はゼロ・・・結局65.8キロ

5月の前半はいい感じで走れていた。

 

久しぶりに今月こそ200キロが実現できるかなと思っていた。

f:id:mnoguti:20200514190355j:plain

しかし、なぜか14日を最後に全く走らずに終わってしまった。下のカレンダーの通り。後半は真っ白だ。結局、5月の走行距離は・・・

05月走行距離:65.8キロ
年間走行距離:397.8キロ

ということになり、年間走行距離もまだ400キロに届かず。

 

f:id:mnoguti:20200604081904p:plain

内容はアップとダウンのジョグを含めて18回のアクティビティ。最長距離が15キロということで、永代橋から桜橋まで走った時のもの。月当たり24時間走ることを目標にしていたはずだが、走った時間は8時間弱という半分にも遠く及ばない内容。なぜこんなになってしまったか。

アクティビティ

18

合計距離

65.84 km

平均飛距離

3.66 km

最大距離

15.60 km

合計タイム

7:41:17 時:分:秒

平均時間

25:38 時:分:秒

最大時間

1:38:21 時:分:秒

カロリー

4,617 C

高度上昇合計

232 m

最大高度

45 m

平均ペース

7:00 分/km

最高ペース

4:12 分/km

平均心拍数

125 bpm

最大心拍数

160 bpm

平均ピッチ

153 spm

最高ピッチ

243 spm

上下動

7.4 cm

接地時間

322 ms

平均歩幅

0.84 m

あまり言いたくはないが、やはり仕事が一つある。この頃、かなり忙しかったことは事実。でも、通勤時間がない自分は、毎日2時間ぐらいランニングに使っても大丈夫なはずなのだが、どうも気が弱いというか、意思が弱いというか。

 

もっと走った方が、仕事にもいい影響があるのではないかと昨晩指摘を受けたが、そうかもしれないと思ったり。

一つだけ・・・かねてよりいつ実行するのか伸び伸びになっていた縄跳びを1度だけだが、跳んだことが唯一のプラス面だろうか。自分もしっかり跳べることを確認できたのは良かった。それとともに何百回と跳ぶというのは、今の自分にとって無理だということも痛感した・・・しかし、2度目、3度目がないのがいただけない。

さて、6月・・・今日は4日だが、まだ一度も走っていない。これからまだ日数は残っているので、どの程度走れるか。蒸し暑くなってくるので距離とペースの両方を求めるのは到底無理なので、どちらかにテーマを絞って走ることになる。しばらくはLSDを1時間を目標にやるということになろうか。

何しろ走ることを再開しよう。縄跳びも。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村