日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

隅田川テラス6キロ:今日はペースを重視しました・・・がorz

流石に今日は、距離は短め。その代わりペースに拘りましたが・・・結果は大したことない^^;

 

今晩のテラスは風もなく、気温も涼しく、走りやすいコンディション。体調は疲れはそれほどではないものの、今日で4日連続なので無理はしないということで短く短く。

両国橋方面

新大橋

今日の隅田川

こだわった割には大したことないペースは以下の通り。

  • 01キロ:5分58秒:最初から6分切り、最後までこれでいきたかった
  • 02キロ:6分03秒:豊海橋、永代橋越えでずっこける
  • 03キロ:5分57秒:物足りない・・・530ぐらいでいきたい
  • 04キロ:5分57秒:同上
  • 05キロ:7分42秒:魔の区間、両国橋越えでバテました
  • 残 り:4分56秒(5分46秒):最後は少し上げました

4キロまではいい感じだったので、もう少しいいペースで走れているかと思ったけど、結果をみてまだまだということを思い知る。走り始めた最初の年(2010年の秋)になかなか10キロをキロ6分以内で走り切ることができなかったことを思い出す。

やはり速いペースのランをしてないので、急にやってもなかなか昔のペースは出ないもの・・・こんな自分でも速い時は、キロ5分を切って走り切っていたのが嘘のようだ。焦らず速く走るトレーニングを入れていくことにしよう。

On Cloudrush

本日のランシュー:On Cloudrush

今日のランシューはOn Cloudrushでした。毎度、ありがとうございました。

明日も今日に引き続き6キロのこの距離を思いっきり攻めてみようと思う。さて、明日はどうなりますか。

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへにほんブログ村

本日走行距離:6.1キロ
05月走行距離:66.2キロ(07時間29分)
年間走行距離:500.6キロ

 

とくしまマラソン2021の完走メダルとフィニッシャーズタオルが届く

今年、2021年のとくしまマラソンは、感染症対策でオンライン開催となった。期間は2021年3月15日(月)10時~3月28日(日)23時59分で、期間中に42.105キロを完走すればよいというもの。

www.tokushima-marathon.jp

3月15日から28日までいつもの隅田川テラスランがオンラインマラソンになっただけだが、それまでなかなか走れるようにならず、どうなることやらと思っていたが、無事完走?できた。

隅田川テラス周辺点描

春のうららのとくしまマラソン(オンライン)はテラスで!

 

内容は以下の通り。7回走って、合計69.9キロ走ったみたいだ。ペースは6分57秒と非常にゆっくりしたペースだった。この時はこれが精一杯だったわけだ。

とくしまマラソン結果(2021オンライン大会)
  距離(km)

時間(時:分:秒)

3月15日 9.8 1:02:30
3月16日 9.5 1:08:32
3月20日 13.3 1:34:32
3月22日 6.8 0:46:25
3月24日 9.8 1:09:13
3月27日 9.7 1:05:49
3月28日 11.0 1:19:10
69.9 8:06:11

当初の予定では、2週間あるので、1回6キロを2日に1度計7回走り、42キロをクリアする計画だったが、予定をだいぶ上回った結果となった。

完走メダル

フィニッシャータオル、完走メダル、鳴門のわかめ、冊子

 

その完走メダルとかフィニシャーズタオルとかわかめとか参加賞が先日送られてきた。

完走メダル

完走メダル

フィニッシャーズタオルは阿波踊りの踊り手を描いたものだが、ランニングシューズを履いているところがウケた。完走メダルのデザインは、鳴門の渦潮と鳴門大橋の橋脚がデザインされているのかと・・・。

 

今回の大会運営はオンラインでの実施ということもあり、それに至る意思決定や通常開催とは異なる色々な対応があったり大変だったと思う。大会運営に携わった方々に感謝m(_ _)m

来年は是非現地で走りたいものだ。

 

隅田川テラス11キロ:南行は向かい風との戦いでした

明日、明後日、休めばもう少し長いGW・・・一応今日が最終日ということで、もう一踏ん張り走ってみた。ちょっと頑張って、吾妻橋までのコース。

 

天気は下り坂、南風強し・・・昨日までの疲れがないと言えば嘘になる体調・・・救いは太陽が隠れてくれていたので、走りやすい気温だった。下り坂の天気を見越してか、テラスの賑わいは若干少なめ。ランナーはそれなりに多め。

隅田川点描

隅田川点描

あれ、連休最終日、消防艇の訓練してるし、総武線の橋梁の手前では鯉のぼり上げてるしで、いろいろ楽しみながら走れたが、今日は、昨日に続いてというか連休中ずーっとか、南風との戦い。

 

1キロラップは以下の通り。

  • 01キロ:6分27秒:途中、消防艇の撮影でタイムロス、いつもと同じようなペース
  • 02キロ:6分06秒:豊海橋越え、いい感じでペース維持
  • 03キロ:6分16秒:永代橋越え、もう一声!
  • 04キロ:5分56秒:6分切りだけど、もっとぶっちぎりたい
  • 05キロ:6分13秒:萬年橋越え、もう一声!
  • 06キロ:7分03秒:魔の区間だが、ちょっと遅い
  • 07キロ:6分06秒:ペースの上がるところだが、やはり疲労
  • 08キロ:6分00秒:これが今の限界?
  • 09キロ:7分16秒:写真撮影でタイムロスもちょっと遅い
  • 10キロ:6分23秒:ここでこれしか出ないというのは・・・
  • 11キロ:8分09秒:ここも写真撮影だが、ちょっと遅い
  • 残 り:5分50秒(6分32秒):最後は少しばてた

1日からの5連休で4日走って59キロ。今の体力ではこれがいいところか。あまり無理しないようにでも緩めないように走ることにして、この週末までやろうと思う。

Garminでここ30日間の走行距離を確認したら、190キロを越えていた。最近はそれなりに走っていることを確認できてよかった。気持ちの上ではまだまだという感じだったので、それなりに走れているということもあり、あまり無理しないようにでも緩めないようにというところだ。

 

adizero Japan

本日のランシュー:adizero Japan

本日のランシューはadizero Japan。引き続きよろしくお願いします。

明日、明後日は、平日メニューで7キロから10キロの短めの距離でテンポよく走ることを目標にやろうか・・・と思う。

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへにほんブログ村

本日走行距離:11.8キロ
05月走行距離:59.0キロ(06時間45分)
年間走行距離:493.4キロ

柳田由紀子著『宿無し弘文ースティーブ・ジョブズの禅僧ー』:<転依>考えぬくことで次がある

ジョブズの伝記を読んだ時から気になっていたジョブズ禅宗の関係。

mnoguti.hatenablog.com

mnoguti.hatenablog.com

伝記を読んだ感想を書いたブログの記事でも、1回目は「洗練を突き詰めると簡素になる」、2回目は「すべてが一体となって機能する」と見出しをつけていて、いかにも東洋的な思想に影響を受けたことがあるようなものになっている。

Apple製品

Apple製品の思想的背景には東洋的思想、禅の考えがあると言われている

それで当時気になっていたのが、「ジョブズの禅」という翻訳本。これを購入して読んでみようかと思っていたら、もっとすごい本が出たではないか。

ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ

ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ

 

それが今回読んだ乙川弘文の生涯、日本での弘文と米国での弘文をインタビュー記録を中心にして描いた本書だ。

 

日本での弘文、米国での弘文、まったく違う弘文がそこには存在して、それが矛盾なく存在するために彼に何があったのか、両極端の評価をうける弘文をどう理解すればいいのか、その答えを探すために日本をはじめ、米国、欧州の禅寺や関連施設で関係者にインタビューをしつつ、思索を回らす。

宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧

宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧

 

それが時系列にならんで、インタビューを受けた人が話すような文体でずーっと書き綴ってある。著者が表に出てこないこの形態は自分にとってはインタビューを受けた人と読者である自分が対面するような感じで読み進められるので考えながら読むという点で良かったと思う。

  • プロローグ
  • 旅Ⅰ 第1章 激賞と酷評と
  • 旅Ⅱ 第2章 生い立ちから渡米まで
  • 旅Ⅲ 第3章 アメリカで、ジョブズと出逢う
  • 旅Ⅳ 第4章 追うジョブズ、追われる弘文
  • 旅Ⅴ 第5章 ジョブズと離れヨーロッパへ
  • 旅Ⅵ 第6章 最後の日々
  • 旅Ⅶ 第7章 乙川弘文の地獄と手放しの禅
  • エピローグ
  • 旅 最終章

全体はプロローグやエピローグの他、最終章まで8章立てになっている。インタビュー中心の内容で、その中に著者の思いがよぎる。永平寺では将来を期待され、京都大学大学院でも学問としての宗教に真摯に向き合い、一生独身を誓い、仏教を極めることを目指した弘文。

 

それが米国に行った後は全く別人のような生き様になる。そこに何があったのか、著者の思索は、数々の関係者へのインタビューを通し、続けられる。

最後までそれは分からないままかと思ったが最後の最後で著者は一つの回答にたどり着く。これが正解かは分からないが、転依(てんね)を経た前後の弘文、そのきっかけが米国に渡った直後の引きこもりであったこと、ジョブズも弘文との交流が密だった、Appleを離れていた時期に転依を経験したのではなかったか*1・・・最後に著者がたどり着いた見立て。なるほどなあと納得しながら最後の数ページをめくった。自分に転依はあったのか?とか考えたりしながら。

 

正直、読んでいって最後の最後で「あっ!」という感じだった。そういうことかということ・・・この本は最初から順番にじっくり読むのがいいと思う。

 

*1:ジョブズ復帰後のiPhone以下の製品ラインができたのは、布教活動において弘文のすべてを受け入れるという生き様、考え方が、ジョブズに乗り移り、Apple製品の徹底したマーケットインの発想、顧客重視の姿勢、それがデザイン重視へと繋がっていたように思える。

隅田川テラス14キロ:もう少しスタスタ走れば良かったか?

湿度の高い暑さには弱いが、今の季節の暑さなら何とかなるかと思い、2時間走、約20キロ走る予定でスタート。結果的に2時間走り続けるということを意識しすぎペースを抑えた結果、逆に走れなかったかなと思わないでもない本日のランでした。 

 

GWも後半のこの日、ちょっと霞んではいるものの日差しもあり、空気は爽やかということで、テラスは賑わっていました。いつにも増して家族連れの多いお昼のひと時をランナーがそれぞれのペースで駆け抜けていきます。「ご利用は短時間に」という看板を横目に見ながら1時間44分のテラスランを楽しみました。

築地大橋、東京タワー

東京スカイツリー

東京タワー&築地大橋、東京スカイツリー総武線鉄橋

1日に引き続き本日も南コース・・・勝鬨橋から相生橋を回り越中島公園を抜けて永代公園からテラスへ戻るコース。最初の予定では両国橋を超えて吾妻橋まで伸ばし、2時間以上、距離にして20キロぐらいいけるのではないかと考えていましたが甘かった。日差しに負けました。

 

風は爽やかな南風、いい感じで暑さを和らげてくれる感じ・・・だったが、それは勝鬨橋まで。その後は、北向きに走ることが多くなり、ほぼ無風のような中を走ることになったので暑いのなんの^^;・・・結果、12キロ過ぎで歩き出しましたとさ。

両国橋方面を望む

新大橋

今日の隅田川

いつもの1キロラップは以下の通り。

  • 01キロ:5分56秒:最近はこのペースで入る。これを維持すれば良かったのか?
  • 02キロ:6分28秒:豊海橋越えだが、もう少し速くてもよかったか
  • 03キロ:6分48秒:南高橋越えで、臨時コースでちょっとかかった
  • 04キロ:6分10秒:聖路加病院下で6分切りたいところ
  • 05キロ:6分23秒:勝鬨橋越え、ここももう少し速く
  • 06キロ:6分58秒:月島川水門テラス連絡橋越え、写真撮影で遅くなる
  • 07キロ:6分45秒:本来タイムがいいところだが、遅い・・・why?
  • 08キロ:6分18秒:ここも速くなるところだが、疲れてきていたかも
  • 09キロ:6分54秒:相生橋に上がる階段のところで歩きが入る
  • 10キロ:6分49秒:ここも最後のところの階段で歩きが入る
  • 11キロ:6分53秒:走ってはいたが、だいぶ疲れてきていたかも
  • 12キロ:6分54秒:萬年橋越えだが、それ以前に疲れていた
  • 13キロ:8分02秒:後半で歩き出す
  • 14キロ:12分29秒:ほぼ歩きました・・・気持ちが負けた
  • 残 り:5分08秒(7分37秒):疲れていたけどやっとこ走った

以上の通り、勝鬨橋を渡った5キロ過ぎあたりから疲れていた感じ。なんとか8キロぐらいまでは持ったけど、その後はずるずるとペースが落ち、階段を歩き始め、12キロ過ぎ13キロ手前で歩き始めた。終わってから、出だしのペースを維持していたらどうだっただろうかと思わないでもない本日のランだった。

最初に書いた通り、長く走るからということで、出だしのペースを落としたのがちょっと悔やまれる。最初のペースを維持したらどこまでいけただろうかと・・・それとキロ6分半を超えると遅すぎてそれで精神的に疲れる傾向があるが、今日はそっちだったかもしれない。

 

明日も走る予定だが、明日はどうしようか。難しいところ。距離は7キロぐらいにして、ジョグ程度の軽い内容にしておくのが無難か。明日の脚と身体の疲労の残り具合で決めようと思う。

On Cloudrush

本日のランシュー:On Cloudrush

本日のランシューは、On Cloudrushでした。足に馴染んで今が一番走りやすいかも。今年一杯は履き続けたいものだが、走り込む距離が伸びて行ったらどうなるか。長持ちするように丁寧に履こう。

お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへにほんブログ村

本日走行距離:14.6キロ
05月走行距離:46.1キロ(05時間17分)
年間走行距離:480.5キロ