日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

【与論島】よろん島 伝統 きび醋:南の島の自然な味、美味しいきび醋をどうぞ!

酢は健康にいいとか、体を柔らかくするとかいろいろ言われますが、酢はスタミナの酢ということで、毎日、30mlぐらい飲んでます。

 

それは与論島(「よろんじま」と読みます)のサトウキビから作られたきび醋です。酢ではなく、醋です。

www.yoron-kibisu.com

与論島は、全島がサンゴからできていて、その作りからして珍しい島ですが、そこで作られているきび醋・・・何か特別な効能がありそうじゃありませんか。そこのところはどうかわかりませんが、よろん島きび酢本舗さんのHPを見ると、「ミネラルがバランス良く、そして豊富に含まれた極上健康酢」とあります。

f:id:mnoguti:20190712220735j:plain

つまりそういうことなんです。酸っぱいです。ほぼ毎日このくらい飲んでます。一気に飲んだりすると胃をやられてしまうので、水で薄めます。

f:id:mnoguti:20190717233333j:plain

水で薄めただけでも飲めます。酸っぱさに耐えられればあとはどのくらいに薄めるかだけですから、手軽に飲める暑い夏にはぴったりの飲み物をすぐ作れるとも考えられます。

f:id:mnoguti:20190712220743j:plain

しかし自分の場合はやはり水で薄めただけでは美味しくないので、蜂蜜をそれなりに入れます。蜂蜜って結構なお値段なんだってことをきび醋を飲むようになって知りました。

f:id:mnoguti:20190717233342j:plain

成分は瓶の裏のラベルに記載されています。ポイントは、カルシウム、カリウムマグネシウム、鉄がどのくらい含まれているかです。バランスよくここに記載のミネラルは含まれています。

 

よろんきび醋は、「伝統」、「星砂」、「深層」の3種類があります。それぞれ特徴がありますが、伝統がオーソドックスな昔ながらのきび醋と言えるでしょうか。星砂はサンゴのカルシウム入り、深層は海洋深層水で作られているというそれぞれ特徴があります。自分は伝統を愛飲しています。

f:id:mnoguti:20190712220751j:plain

きび醋に蜂蜜を入れ、その後、水を適量入れます。自分の好みの甘酸っぱさに調整します。そして勤務中も飲むときはこれを水筒に入れ、氷を入れて冷やして飲みます。

f:id:mnoguti:20190717235224j:plain

美味しいきび醋、オススメです。

f:id:mnoguti:20190712220729j:plain

ちなみに自分はいつも箱買いしています。

皆さんもよろん島のきび醋を飲んで健康な体を維持しましょう。

 

APRカンパニー よろん島 伝統 きび酢 500ml

APRカンパニー よろん島 伝統 きび酢 500ml

 

【思い出横丁】ささもと:久しぶりに日曜日の夜に一杯

お久しぶりです・・・新宿西口は思い出横丁。目指すは当然、ささもとさんです。看板にもしっかり出ています。

f:id:mnoguti:20190715130436j:plain

 

週末の夜、6時ぐらいだったか、一人ぶらりとささもとさんへ。

f:id:mnoguti:20190715130429j:plain

今宵も数々の美味しいモツ焼きや煮込み、刺身に巡り合いに来ました。

f:id:mnoguti:20190715130421j:plain

 

いつもの裸電球。昭和が残ってます・・・とは言いながら自分が初めて来たのは昭和63年ぐらいだったと記憶の彼方。自分が知る前の昔より変わらず裸電球が照らし出します・・・美味しいモツ焼きを。

f:id:mnoguti:20190715125409j:plain

始まりは、焼酎キンミヤ。梅シロップは一滴・・・儀式のようです。入れても入れなくても味は変わらないけど、一滴入れてもらわないと気が済まない。そんな存在の梅シロップ。この夜もそうでした・・・一滴。

f:id:mnoguti:20190715124958j:plain

 

煮込みの鍋。ここにいろいろなモツの串が煮込みとして入っています。適当に美味しそうなところを取ってもらうのですが、自分の好みを言えば、要望に応えてくれることもあります。

f:id:mnoguti:20190715125052j:plain

この日は浅めでお願いしたところ、ちょうど煮込み具合が浅い串がなかったので適当に取ってもらいました。右から寄せ刺し、シロ、フワとなります。寄せ刺しは焼いてもらっても美味しいですが、この日はそのまま食べました。いろいろな味がします。

f:id:mnoguti:20190715124951j:plain

そしてあとで頼んだのがこのフエという喉の骨の部分・・・軟骨の部分ですね。これ、よく煮込まないと硬くて食べられません。この時もまだちょっと固かったけど、硬めが好きなのでお願いしました。歯ごたえがあって美味しかったです。

f:id:mnoguti:20190715125430j:plain

 

次は、刺しです。刺しとは行っても本当の生は写真上に写っている赤身のみ。あとはボイルしてあります。右がテッポー、左がセンマイ刺しになります。センマイ刺しは一口でパクッと食べてネギとセンマイの歯ごたえと味を頼みしたいです。

f:id:mnoguti:20190715125009j:plain

こちらは上がコブクロ、下、右がコブヒモ、左がガツ刺しになります。どれもそれぞれ歯ごたえ、味が異なり美味しいです。コブヒモはレアメニューですね。

f:id:mnoguti:20190715125016j:plain

 

煮込み、刺身ときたら、最後の仕上げで焼き物をいただきます。炭火の強火で一気に焼き上げるので美味しいです。

f:id:mnoguti:20190715125106j:plain

今回、まずはチレから・・・脾臓ですね。少し脂身が付いていてそれが美味しい。慣れると病み付きになる味です。

f:id:mnoguti:20190715125040j:plain

ナンコツ・・・定番ですね。歯ごたえと味と、新鮮な時はこれをタレの軽焼きで食べるのが美味しいのです・・・ということでこの時はそのように新鮮に見えたのでたれ味でいただきました。当然、美味しかったです。

f:id:mnoguti:20190715125029j:plain

 

タタキ。これもささもとの名物。昔は一人一本でしたが、今はどうなんでしょう。今、具体的にあれくれ、これくれっていうお客さんも少ないのかな。この日は全般的に美味しいモツでした。長年通っているとやはり日によって肉の美味さが違うことを感じます。今回は美味しく感じました。

f:id:mnoguti:20190715125022j:plain

タン味噌。これも定番の味。豚さんのタンです。歯ごたえですね。

f:id:mnoguti:20190715125119j:plain

カシラ。ほほ肉です。これも美味しい。脂身が多いときは味噌味で食べるのがおすすめです。

f:id:mnoguti:20190715125419j:plain

 

テッポー。直腸だったかな。肉厚で歯ごたえがあって醤油でこんがり焼きあげるのがいいです。香ばしくいただけます。

f:id:mnoguti:20190715130309j:plain

珍しくみょうが巻。みょうがを豚バラで巻いて焼きます。味噌味。これは大人の味です。病み付きになるw

f:id:mnoguti:20190715130330j:plain

そして珍しい生フワ。フニャッとした触感ですが、これが何とも言えません。煮込みのフワと同じですが、あちらはボイルしてあるのですが、こちらは生です。触感が全然違います。

f:id:mnoguti:20190715130357j:plain

 

仕上げの黒ビール。これを飲まないと最後〆られません。

f:id:mnoguti:20190715130320j:plain

そしてデザートがわりに生ピーマンのねぎ醤油。これがしゃきしゃきとした歯ごたえでねぎ醤油の味とピーマンの味が重なり合い美味しくいただけます。

f:id:mnoguti:20190715130345j:plain

最後、ネギスープ+ネギ煮込みをいただきました。ネギはもっととろとろにしても美味しです。浅煮えでもいいのですが、その時々で煮込み加減はお好みでって感じ。

f:id:mnoguti:20190715130409j:plain

今回も堪能させていただきました。

自分は1時間と少々ぐらいでお店を後にしたのですが、8時以降はここは海外からの観光客であふれます。全く違ったお店に変わる・・・といったら言い過ぎかな。

ごちそうさまでした。

 

関連ランキング:串焼き | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

食べログ グルメブログランキング

【両国】両国メンチカツ:これは美味しいメンチカツ、気軽にサクッと食べたい

両国に美味しいメンチカツあり・・・1年前にその存在は知っていたが、なかなか寄る機会がなく、あっという間に1年が過ぎてしまった。今回は知るきっかけが夏の暑いさなかのランだったこともあり、先日、今回は雨だったが、ランの途中に寄ることに。

 

両国駅からだと、西口に出て国技館通りを南へ、ホテルがあるのでそれを越えた最初の路地を左に入ると小さいお店が目に入る。すぐだ。

f:id:mnoguti:20190715124231j:plain

時間がお昼過ぎだったこと、そして雨だったこともあり、先客はいなかった。中から優しそうなおじさんが出てきて、注文を聞いてくれる。メニューはシンプル。メンチカツ、ロースメンチカツ、コロッケの3品のみ。

 

自分は、ロースメンチカツとメンチカツを購入。ロースメンチカツはその場で食べるため、別にしてもらう。お店を出てすぐに取り出して食べた。暖かいロースメンチカツは何もつけなくても美味しい。

f:id:mnoguti:20190715124242j:plain

肉汁はあまり出てこない。どちらかというとさっぱり系のメンチカツだと思う。でも味はいい。メンチカツのあの味がしっかりするし、玉ねぎの甘さだろうか、美味しかった。雨中のランでお腹が空いていたこともあり、ペロッと食べてしまった。

f:id:mnoguti:20190715124253j:plain

 

そして持ち帰ったメンチカツは、その日の夜にビールのつまみで食べた。それがこちら。こちらも同じで、あっさり系のメンチカツ。使っている油も新しいものを常に使うようにしているのだろう・・・油の変なしつこさが全くない。本当に美味しいメンチカツだ。

f:id:mnoguti:20190715124637j:plain

そして最後の1つはたっぷりソースをつけて食べた。ソースカツ丼用の甘めのソースだったのだが、これがまたメンチにあって美味しさ倍増って感じだ。

f:id:mnoguti:20190715124709j:plain

 

こんな感じですよ。さっくりして、あっさり、そしてメンチの旨味はしっかりする。言うことなしのメンチカツです。

f:id:mnoguti:20190715124647j:plain

浜町からの距離も2キロないぐらいなので、食べたくなったらまたすぐに買いに行ける距離だ。あるいはランの途中に立ちよってもいい。 美味しいメンチカツ、ごちそうさまでした。  

関連ランキング:コロッケ・フライ | 両国駅浅草橋駅東日本橋駅

食べログ グルメブログランキング

【日本橋堀留町】魚食堂 きてれつ:魚介と野菜の美味しい和食屋さん

懐かしいひと時だった。20年前から10数年前ぐらいまでよくお世話になった方とのひと時・・・昔話はもちろん今の世の中のことについて話が弾む、そんな時、お酒も料理も大満足、楽しくも美味しいひと時となりました。

 

まずはビール。ハートランドの生。この後、日本酒になり、きてれつさんのいろいろ揃えてある地酒をみてこれは!ということで、例の飲み方をする。そう、高い方から順番に少しずつ飲んでいく。酒の銘柄は失念したが、4種類か5種類ぐらい飲んだと思う。二人で1合ずつなので量としてはほろ酔いぐらいでちょうどよく、楽しく飲めた。

f:id:mnoguti:20190712214509j:plain

料理はまずはお通し。この日はイカゲソともずくの酢の物としじみのすまし汁。まるでこれからお酒を楽しむことを見透かされたようなお通し二品だ。なんとなくホッとする。

f:id:mnoguti:20190712214503j:plain

 

最初はすぐに出てきそうなメニューということでナスとキュウリのぬか漬け。これがまたちょうどいい漬かり具合、浅漬けでいい感じ。

f:id:mnoguti:20190712214515j:plain

こちらはタコとキュウリの酢の物だったかな・・・例によって忘れたけど、美味しいことに変わりはない一品。

f:id:mnoguti:20190712214522j:plain

 

そしてお刺身。きてれつさんは魚を売りにしているので期待できる。3皿で5点盛りだったと思う。写真は2皿目と3皿目。おそらく5点乗っていた1皿目を撮り忘れていた。1皿目は、しめ鯖、貝などが乗っていて、一切れずついただく。少しずつ贅沢。

f:id:mnoguti:20190712214723j:plain

2皿目は金目鯛だろうか。これも美味しかった。刺身というよりはどちらかというとサラダ感覚でいただいた。やはり日本酒には刺身だよ・・・と思いながら食べたかどうかw

f:id:mnoguti:20190712214535j:plain

 

3皿目は鮑。きてれつさんの売りだと思う。程よい歯ごたえと周りに添えられている肝で作ったソースがなんともいえない。

f:id:mnoguti:20190712214528j:plain

一転して、ごぼうの揚げ物。ごぼうの食感が味わえるように太めに切ってあり、そこに薄く衣がついていて、さっくり食べられる。軽い食感でお酒が進む。これは結構みんなに人気だった。

f:id:mnoguti:20190712214731j:plain

 

そしてこのお店の名物、たっぷり野菜の山椒あんかけ。熱々のグツグツで供されるが、これが美味しい。野菜にはさっと火が通っていて、野菜の旨味を堪能できる。そこに山椒の風味が加わる。これなら野菜、いっぱい食べられます!って感じ。

f:id:mnoguti:20190712214737j:plain

最後は焼き魚。鯖の塩焼きと鮭のハラス。いい感じの塩加減・・・ご飯が欲しくなる一品。あっという間にみんなの胃袋の中に落ちていきました。

f:id:mnoguti:20190712214744j:plain

 

f:id:mnoguti:20190712214751j:plain

 

f:id:mnoguti:20190712214921j:plain

 

仕上げの食事は、焼き飯を頼んでみんなでシェア、シェア、シェア。

f:id:mnoguti:20190712214943j:plain

サービスに海老の頭で出汁をとった味噌汁がついてきました。この焼き飯、ご飯がパラバラでかつ桜海老が入っているので、それがカラッと香ばしくいただけます。何杯でもお代わりできそうな軽い美味しさ。でもご飯ですからね。食べ過ぎ要注意。

f:id:mnoguti:20190712214950j:plain

2時間少々の楽しく懐かしい人とのひと時でしたが、料理もお酒も美味しく、大変満足できました。

まだ食べていない料理、飲んでいないお酒があるので再訪したいと思います。

ごちそうさまでした。

 

関連ランキング:居酒屋 | 人形町駅小伝馬町駅馬喰横山駅

食べログ グルメブログランキング

隅田川テラス10キロ:雨中のラン、メンチ付き(7月6回目)

昨日に引き続き隅田川テラス。今日はそれほど疲れは残っていなかったので、自然体で走りました。雨もそんなに激しくならず小雨が降る程度、走るには問題なし。去年の今日とはえらい違いだ。

mnoguti.hatenablog.com

 

あの日は本当に暑かった・・・に比べれば今日は別世界。冷夏が心配されるのではと考えてしまう・・・走るのには行けどね。

今日は、永代橋から折り返し、当初は桜橋までを考えましたが、結局、6キロまで・・・続かねえ。

f:id:mnoguti:20190714155843j:plain

 

昨日はもう少し長く走ったけど、ペースが違う。今日はキロ5分半ぐらいで走っていたし、昨日走った割には身体が軽かったし、脚もいい感じだった。やっぱり短い距離でもいいから日を空けずになるべく走る癖、生活の中にランを取り戻すことが大切だと思いながら走った次第。

f:id:mnoguti:20190714155850j:plain

 

いつもの5キロラップ&ペースは以下の通り。

  • 05キロ:29分06秒(05分49秒)
  • 10キロ:51分36秒(10分19秒)
  • 残 り:06分22秒(06分40秒)

6キロまでは5分台のペース。魔の7キロから落ちて後はほぼ歩き通した感じ。

 

実はいつもとは違うコースどりになっているのはこのため。昨年の今日行き損ねた両国メンチに寄ったのでした。ロースメンチカツと普通のメンチカツ、ロースメンチカツを試食しながら帰ったのでした。

f:id:mnoguti:20190714155906j:plain

今日は小ぶりとはいえ、雨中のランでだいぶ涼しかったはずなのだけれど、やはり湿度に弱いのか6キロまで・・・例の胃のムカムカが出てきた。これが出てくると走れて7キロになってしまう・・・ということで7キロぐらいまで一生懸命走ることにしよう。粘って10キロって感じかな。

お疲れ様でした。

一応、昨日で6月の走行距離は越えたみたい。次は目指せ100キロ。