日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

経済学関連(理論、数学含む)

岩井克人・前田裕之著『経済学の宇宙ー経済を考え抜いた格闘の奇跡ー』:自分の仕事とは、「研究」とは何か・・・を考えさせられた一冊

読み始めてから読了までだいぶ時間がかかってしまった*1。あとがきまで含めると478ページある。最近の書籍としては厚い。 // 岩井先生の学者としての足跡を本人がその時々の周辺の出来事と合わせて書き記した内容だ。 大学院から現在までおよそ半世紀にわた…

高橋一雄著「語りかける中学数学」:結構、理解してないところがある

iPad Proのアプリ、Goodreaderを再購入した。これで昔、自炊した書籍が読めるようになるということで、まず手につけたのが、「語りかける中学数学」だ。 増補改訂版 語りかける中学数学 作者: 高橋一雄 出版社/メーカー: ベレ出版 発売日: 2012/11/21 メディ…

結城浩著「数学文章作法 基礎編」:自分の考えを伝えるには読者を考えながら書くことが大切

分かりやすい文章を書くというのは意外と難しいものだ。自分も職業柄文章を書く機会は多い方だと思うが、満足のいく文章を書けたときはその達成感はかなりのものだが、それで相手に自分の意が通じているかといえば、それはまた別の話ということになる。自分…

宮川努著「生産性とは何かー日本経済の活力を問いなおすー」:働き方改革は必須です

バブル崩壊以降、20年以上に渡り低成長にあえぐ日本経済(最近はバブルっぽいけど)・・・その日本経済に再成長とそのための活力と取り戻すための一つの見方を提示したのが本書だ。そのキーワードが、「生産性」ということで、生産性を中心に日本経済を多面…

2018年の振り返り:何冊の本を読んだのか?(前半)

2018年にこのブログで取り上げた本、その中で読み終えた本があったかを振り返ってみよう。予想としては、読了した本は少ないのではないかと思う。 まず最初に取り上げたのはこの本でした。 mnoguti.hatenablog.com Rのマスターとベイズ統計の理解を同時にや…

石川智健「エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守」

久しぶりに面白いミステリーに出会えた。 エウレカの確率・・・って何?経済学捜査員!、扱っている内容が行動経済学に基づいて殺人事件を解決するという・・・経済学をちょっとかじっているものであれば、そして最近の先端分野の一つである行動経済学を使っ…

トマ・ピケティ「21世紀の資本」

今、話題の経済書。本屋で見たら「おっ!」って思わず見直してしまった…分厚かったよ。21世紀の資本作者: トマ・ピケティ,山形浩生,守岡桜,森本正史出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2014/12/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (111件) を見る例に…

経済学に持つイメージ

分析方法、あるいはフレーム、議論の前提がしっかり確立されている。 検証可能性が担保されている。 つまり科学としての条件を備えている社会科学の一分野である・・・あくまでもイメージです。

経済学を正しく理解するために必要な能力

経済学を正しく理解するために、正しく応用するために必要な能力 文章を正確に理解する読解力 四則演算のルールを正しく適用をする能力 ・・・両方とも危うい。

いまごろ『経済学のチカラ』読んでます

去年の年末だったか、教えられて購入したのだけれど、ずっと読まずに積読になっていた。 最近、読書欲が少々戻ってきて(これも老眼鏡を作ったからだと思う)、やっと読む気になった。エコノミスト増刊 経済学のチカラ 2013年 12/23号 [雑誌]出版社/メーカー…

齋藤誠著『父が息子に語るマクロ経済学』はかなり面白い

対話形式なのがいい、行間が広いのがいい、なんといってもいいのは「おわりに」(355ページ)に書いてある以下の著者の言葉。ちょっと長いけど引用すると・・・ 「学問の醍醐味って一体なんだろう」と問われてみて、自分はどうこたえるのだろうか? 読者の方…

社会科学の目指すもの・・・行動科学革命を振り返る

昔、第二次大戦後1950年代にかけて行動科学革命というものがあった。現在、行動科学というと心理学や社会心理学の一分野と位置付けられることが多いが、当時の革命は社会科学全体に影響をもたらすものであった。その中でも社会心理学等のコミュニケーション…

有言不実行宣言:ミクロ的基礎のあるマクロ経済学、新しい経済成長論とそれを理解するための経済数学を読もうww

最近ひそかに読もうと思っている・・・というよりぜひ理解したいと思っていることに関する書籍を書き留めておこう。まず1冊目がこれ。林氏の二冊目の著作。一冊目の著作「ミクロ経済学」は丁寧な内容が評判になったようだが、これも恐らく同じではないかと…

経済成長論の教科書

なぜわれわれの経済は成長しなければいけないのか・・・そういう疑問って持ったことありません?自分のためにも社会のためにも成長は必要なのです・・・それはなぜか?明確に説明できますか?経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS)作者: 芹沢…

鶴亀算・・・感覚としての数の関係を養う

頭を少々リフレッシュしたくて、宇沢氏の「算数から数学へ」を久しぶりに開いて、一番最初に出てくる鶴亀算を解いてみた。連立方程式を使えば簡単に解けるのだが、それを使わずに鶴亀算で解くところで頭を使うわけだ・・・なんて考えながら何問か解いて、ふ…

経済統計の見方と経済学の使い方

最近のマクロ経済の状況を見ているとマクロ経済の見方を知りたくなるというもの。そこで最近本箱に眠っていた次の書籍を引っ張り出した。最初の一冊は、経済統計について解説してあるもの。各種統計で経済の状況を把握することは、一国の運営にとっては家庭…

経済成長、景気分析と現代マクロ経済学

現在は初めてのことに挑戦しています。とりあえず下の本、読んでます。 最初に引っかかったのは、第一章の最初に書いてある「ルーカス批判」なるもの。少々引用すると・・・ ・・・「人々の行動様式(ディープ・パラメータ)が変化すると、観察される経済変…

ウィルソン:グラフ理論入門

ネットワーク理論を勉強する前に、その予備知識としてグラフ理論が必要だということで、次回、読むことになりました。 グラフ理論入門R.J. ウィルソン Robin J. Wilson 西関 隆夫 近代科学社 2001-10by G-Toolsさて、明日から読み始めることになりますが、地…

林貴志『ミクロ経済学』

最近はハウツーもの全盛というか、直感的に理解できることを最優先にして、用語の定義や理論の背後にある前提が犠牲にされることがままあるが、この本はそのような状況に対して、定義や前提がいかに重要かを改めて認識させてくれる一冊だ。ミクロ経済学作者:…

岩田規久男「そもそも株式会社とは」

今、一番読みたいと思っている本。 ちょこっと最初だけ読んでみたけど、分かりやすいという印象。株式会社という得たいの知れない組織を理解するための入門書としては、必読でしょうか。 そもそも株式会社とは (ちくま新書)作者: 岩田規久男出版社/メーカー:…

通信事業者の資本ストック作成方法

通信事業者の資本ストック作成手順を書いておきます。*1 まず通信事業者の場合、特にNTTの場合、期末設備簿価の差額を投資額に使うとマイナスになってしまいます。投資がマイナスってのはどういう状況なのでしょう??? そこで資本ストックは投資の積上げと…

情報量経済分析

AICなどの情報量基準に基づいて計量分析を行うための参考書、否、教科書が出た。この教科書の表紙には英文タイトルらしきものが出ている。それは、Information-Criterion-Based Econometric Analysis。素直に解釈すれば、情報量基準による計量経済学だろうか…

鶴亀算とか

鶴亀算とか流水算とかあるけれど、方程式を知っている人は、それを使って解けばあっという間でお茶の子さいさいだけど、じゃ、それを使わないで解くにはどうするかってなると結構厄介。それを考えて気がつくことで鶴亀算・・・というか算数や数学の考え方が…

生産関数

いや、ちょっとしたメモです。texを使えよって突っ込みいれないように^^・・・texで書き直しました。マクロ経済の動きの背景にはどのようなミクロ(消費者や企業)の活動があるのか・・・常に頭に入れながら自分の推定しようとしているモデルを考える。

2007年度の日本経済学会大会

2007年度の日本経済学会の春、秋の大会は下記のとおり開催される。春季大会開催校 大阪学院大学 日 時 2007年6月2日(土)、3日(日)秋季大会開催校 日本大学経済学部 日 時 2007年9月23日(日)、24日(月)今年も参加しようと思う。

指数と対数

であるとき、 、 さらに正の整数pに対して と定義する。任意の整数m, nに対して指数法則 が成立する。累乗根は次の性質が成り立つ。a, bは正の数。, nが正の整数、mが整数の時n, pが正の整数、mが整数のときm, nが正の整数のとき、

基本的な問題を繰り返し

数学を勉強するには基本的な問題を繰り返し解くことが、自信にもつながりまた頭の使い方も覚え、いいそうだ。そう思いながらもう何年たったことか。諦めない・・・諦めない^^

数の構造2:有理数以降

前回は数の概念を拡張するのに、その四則演算との関係からそれを試みた。それで有理数までは辿り着いたわけだ・・・というところで、有理数の復習。・・・という具合に、割り算だけ具合が悪いことになっている。さて割り算では1÷3=1/3と分数で表される。ある…

基礎知識:ギリシャ文字

経済数学に新規(あるいは再)参入する際、ネックになるのが各種記号だ。特にギリシャ文字は頻繁に使われるだけに、ちょっと読み方が分からないだけでもすごくできないような気分になり、脱落する一因となる。そこでここでもギリシャ文字の読み方をメモして…

数の構造:自然数、整数、有理数、ちょっと実数

数の構造が四則演算(足し算、掛け算、引き算、割り算)と密接に結びついているとはついぞ気がつかなかった。まず最初は、自然数。自然数は0,1,2,3,・・・と続く、我々にもっともなじみの深い数。自然数が四則演算とどういう関係にあるかというと・…