読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

明日、とくしまマラソン2017:今年は10回目の記念大会

40000キロの旅 吉野川ライフ

明日はとくしまマラソン

今朝、6時に起きて9時前の飛行機で徳島へひとっ飛び・・・便利になったもんです。

TCATから羽田へのリムジンバス・・・その社内にすでにとくしまマラソンに参加するとみらえる海外からの方2名とその付き添いと思われる方が1名。海外からの2名の方は小柄でいかにも早そうな感じ。当然、飛行機も一緒でしたよ。

f:id:mnoguti:20170325133151j:plain

羽田空港に到着し、とっとと搭乗手続きを済ませと言いたいところですが久しぶりの飛行機だったのでiPhoneのアプリでの搭乗の仕方が分からず戸惑ったりしてしまいました。チェックインを済ませ、中に入り今回はカード会社のラウンジへ・・・空いているかと思ったら混んでいた。そこで充電しながらポケモンなどをやり、時間調整して、搭乗口へ・・・その途中、遠くに見えましたポケモンジェット

f:id:mnoguti:20170325133145j:plain

機中ではほとんど寝ていたけど、この山だけはしっかり見ました。ちょっとかすんでいましたが、まだ雪がかなり残っている富士山。

f:id:mnoguti:20170325133139j:plain

いい山ですね。そしてあっという間に徳島空港へ。レンタカーを借りて、一路、川島の家に向かいます。途中、徳島ラーメンもいただきましたよ(その記事は別途)。

そして家に着いたら、徳島新聞のマラソン特集のページに目立っていると教えてもらったのが、この選手一覧・・・・関東のトップに名前出てるやん・・・いやでも目立つわなぁ~とは義母の言葉w

f:id:mnoguti:20170325133049j:plain

ゼッケンも1007でいい番号もらって、万全の体調で臨みたかったけど、1月以降の走り込み不足は明らか・・・キロ7分で我慢して走って、後半どこまで持つかが明日のポイントでしょうか。

f:id:mnoguti:20170325182857j:image

吉野川とおこっつぁんにご挨拶して、心密かに明日の快走を誓うのでした♪( ´▽`)

明日は天気も何とか持ちそうなので存分に走らせていただきたいと思います。

ご一緒される皆さん、よろしくお願いします。

【銀座】銀座ささもと:美味しいもつ焼きを銀座で

日本橋ちょい呑みツアー

久しぶりに夜、銀座に来たので、すんごくご無沙汰してしまっていた銀座ささもとさんに行ってみることに・・・夜、9時過ぎぐらいだっただろうか。店の中は結構混んでいてはいれるかどうか・・・ちょっと迷ったが、久しぶりということもあり、思い切って扉を開けて入りました。

ちょっとだけ待って、すぐにカウンターに通してもらい、まずはスグリ割。新宿では梅で割りますが、ここではすぐり割です。ちょっと甘いです。

f:id:mnoguti:20170325132750j:plain

そしてまずは煮込みから。浅めの煮込みで、自分の好み・・・それでほどよく煮込みのキャベツが混ざっているのがうれしい。スープの濃さもいい感じ。久しぶりにおいしくいただけてました。

f:id:mnoguti:20170325132745j:plain

注文の順番は新宿と同じ。煮込みの次は刺身です。この日は4種類。タン刺し、コブ刺し、テッポー刺し、センマイ刺し。

f:id:mnoguti:20170325132740j:plain

テッポー刺しとセンマイ刺し、新鮮なお肉が美味しいです。センマイ刺しのシャキシャキした歯ごたえ、一口で食べるのがいいです。テッポー刺しは口の中で味わいながらいただきます。センマイ刺しもテッポー刺しも軽く醬油をかけていただきますが、美味しいですね。

f:id:mnoguti:20170325132734j:plain

そして銀座ならではの、タン刺し、これを初めて食べたときはびっくり@@!しました。タンを刺身で食べるとは思いもよらなかったので、当時は。その後は銀座に来たらタン刺しはあれば必ずいただきます。それから右に移っているのはコブ刺しですね。味噌でいただきます。こちらは新宿でもちょくちょくいただけますね。

f:id:mnoguti:20170325132728j:plain

そして焼き物。この日は赤身から・・・昔を思い出します。焼き加減もちょうどいい・・・醤油を軽くかけて合ってサッと焼いてある。肉の甘みが口の中に広がります。

f:id:mnoguti:20170325132900j:plain

次はテッポー。ふつうは醤油焼きだと思いますが、今回はわがまま言って塩で焼いてもらいました。遠火の強火で表面をパリッと焼いているので塩で食べるとおいしんです。

f:id:mnoguti:20170325132855j:plain

銀座名物といえば、これもそうですね。牛タンのつくね・・・これがまたおいしい。柔らかく半生ぐらいに焼いてくれます。美味しいですよ。

f:id:mnoguti:20170325132850j:plain

次がシロだったかな、新宿ではハツシタ、コリコリっとした歯ごたえがいいです。

f:id:mnoguti:20170325132845j:plain

そしてシロとフワ。いいですね。

f:id:mnoguti:20170325132839j:plain

最後、軟骨。もう何も書きますまい。

f:id:mnoguti:20170325133009j:plain

そしてキャベツ煮込み。たまらないですね・・・キャベツの甘み。

f:id:mnoguti:20170325133003j:plain

銀座ささもと、本当に久しぶりに堪能させていただきました。

値段はお高めですが、やはりいいですね。昔のままで。

今度、ゆっくりお邪魔したいと思います。

ごちそうさまでした。

【人形町】いわさき:おいしい魚のお昼ご飯を食べたければここ

日本橋ちょい呑みツアー

お昼ご飯、この日は無性に魚料理が食べたくなり、その胃袋を満足させてくれるお店へ。人形町界隈には和食や魚料理を出してくれるお店が何件かありますが、最近はここに来ることが多いです・・・いわさきさん。

和食で魚料理が美味しいお店です。
f:id:mnoguti:20170325132609j:plain

今回は、ばくだんをいただきました。居酒屋Kではよく頼みます。あとお鮨屋さんMで出してくれたりします。ここのばくだんはどんなのだろうと楽しみにして待ちます。まずは小鉢が2つ。ばくだんが出てくるのが待ち遠しくなります。

f:id:mnoguti:20170325132632j:plain 

ほどなくして主役の登場・・・左が主役のばくだんですが、いわさきさんがいいのは、ご飯とみそ汁がまた美味しいところです。お昼にしろ、晩御飯にしろ、食事はお米とみそ汁が美味しくないと主役が台無しってもんです。

f:id:mnoguti:20170325132621j:plain

ばくだん・・・入っているのは、ネバネバ系、納豆、山芋、あと忘れました。そしてマグロやほどよい歯ごたえを与えてくれるパリパリ系の沢庵だったかな・・・がいろいろはいって、そこにお好みで醤油をかけてよ~くかき混ぜてご飯にかけていただきます。

f:id:mnoguti:20170325132627j:plain

よくかき混ぜてお醤油かけてさらにかき混ぜて、よ~くかき混ぜてご飯に乗せるとこんな感じ。これをさくさくっとかき込みます。口の中にいろいろ美味しい味がひろがります。

f:id:mnoguti:20170325132615j:plain

ご飯のおかわりもできるそうですが、美味しく一杯だけゆっくりいただきます。

ゆっくり食べるつもりがあっという間に食べてしまい・・・ごちそうさまでした。

 

久しぶりのスッテンコロリン・・・隅田川テラス16キロ

40000キロの旅

調子悪くして週末の板橋CityマラソンをDNSして、その後、足の調子は軽く済んだものの、走るにはちょっとということで今日まで自重。さすがに今日あたり走っておかないと週末のフルマラソンがどうなるか分からないというところで今日は走らせていただきました。

 コースは永代橋から白鬚橋までの16キロ。最初はゆっくり入って、徐々にペースを上げて、最後はキロ530ぐらいかそれよりもう少し早いペースで走りました。まあ、いい感じです。もう少し走り込んでおければ、安心してとくしまマラソンを走れるのですが、長距離を走り込めていないのでやはりその点で大きな不安があってのフルになります。まあ、それはそれとして、本日は気持ちよく走れたことは走れました。

f:id:mnoguti:20170322231935j:plain

この週末は桜祭りで賑わうことでしょう。向島町会のテントがすでに整えられ、週末の賑わいを楽しみにしているって感じで提灯が灯っていました。それでそれなりに調子よく走っていたのですが、白鬚橋を渡り、テラスの右岸を軽快に走っていたところ・・・やっちまいました・・・久しぶりのスッテンコロリンをしてしまいました。

mnoguti.hatenablog.com

前回のスッテンコロリンは、2016年の9月だったらしく、しかもサンダルランをしていた時で手のひらを血塗れにして最後まで走り通したのでした。今回はそこまでひどくなく、この時の教訓から手のひらをつくのはやめ、受け身をさっと取り、見事、膝を擦りむいただけで、何事もなかったかのように走り続けましたw

吾妻橋の交差点で浅草の街並みのネオンに後ろ髪を引かれながら、テラスに戻り最後の4キロほどを気持ちよく走りました。

f:id:mnoguti:20170322231927j:plain

本日は1週間ぶりということで、疲れもなく、体は少々重くなっていましたが、いい感じで走れました。これで明日、どのくらい疲れが出るか、場合によっては筋肉痛が出るかというところでしょうか。

とくしまマラソンまであと金曜日に走れるぐらいですが、今回はDNSは絶対避け、タイムはともかく完走は死守するということで参加したいと思います。

本日もお疲れ様でした。

 

【人形町】玉英堂:虎家喜を食する・・・美味い!

日本橋ちょい呑みツアー

地元の老舗和菓子屋さん・・・玉英堂さん。甘酒横丁の入り口にある。

玉英堂さんにはたくさんの有名な和菓子があるが、その中の一つ、どら焼きならぬ、虎家喜(こういう風に書くの初めて知ったよ)。久しぶりにいただいたけどあんこの感じがいい。どちらかというとねっとりした感じの粒あん・・・たまらんね。

f:id:mnoguti:20170320161214j:plain

包みを開けると、こんな感じに表面が虎模様になるかららしい・・・名前の由来。しっとりとしていて、これだけで食べても美味しいと思うのだがそれで粒あんを挟んでいる。

f:id:mnoguti:20170320161209j:plain

 この粒あんが美味しい。書いたけど、どちらかというとしっとりとしていてねっとりしている感じ。そんな粒あんだ。甘さも結構あると思う。和菓子ファンにはたまらない味だろうと思う・・・自分としては。

f:id:mnoguti:20170320161203j:plain

玉英堂さんの美味しい虎家喜・・・今度はいつ食べられるかな・・・楽しみ。

ごちそうさまでした。

玉英堂 彦九郎和菓子 / 人形町駅水天宮前駅浜町駅
昼総合点-

本日は羽田空港から海ほたるに行って木更津方面へのドライブ

日本橋浜町徒然草 40000キロの旅
全日空商事 1/100 B787-9 ナイン JA830A

全日空商事 1/100 B787-9 ナイン JA830A

 

 昨日のDNSの気分転換に本日は朝から羽田空港へ・・・DNSの気分転換というのは言い過ぎですが、エミさんを迎えて行きました。ただ行って帰ってくるだけでは面白くないので、お昼過ぎに到着予定だったのですが、11時前には羽田空港の第4駐車場別館3階に愛車を止め、第二ターミナルでポケモンやったり、展望台から飛行機の離着陸を見たりと久しぶりの旅以外での空港を堪能しました。

f:id:mnoguti:20170320161313j:plain

さて、エミさんと合流後、どうするかということで検討に。選択肢は以下のとおり。

  1. このまま素直に帰る
  2. 空港内で食事
  3. ドライブ(候補地は江ノ島、海ほたる、三崎)
  4. ドライブ&食事

結果は見事4番の選択肢に・・・行った場所は海ほたるでした。お昼過ぎでしたが、東京からの車はそれほどでもなかったのか比較的スムーズに海ほたるの駐車場に入れましたが、木更津方面からの車はかなりの待ち時間ではなかったかと思われるほど車が並んでました(写真右側の方に車列が写ってるの見えるでしょうか)。

f:id:mnoguti:20170320161307j:plain

天気は穏やかで風もほぼなく、気温もそれなりに高くなっていて、気持ちのいい海ほたるでした。さて、お昼・・・どうしたものかと悩んだ挙句、回転寿司。たまたま並ばずに入れたので、まあいっかって感じです。ネタもシャリもまあまあな回転寿司でした。

食事の後は海ほたるをゆっくり回りました。東京側が見える方に行くとちょうど羽田空港から離陸した旅客機が見えたので、パチリと一枚。こういう広い景色の中に入ると、飛行機なんて小さいもんです。そして結構見つけるのが大変・・・空港の送迎デッキで見るのとは全然違います。

f:id:mnoguti:20170320161301j:plain

食事と気持ちのいい海風を満喫した後は、東京方面へ引き返すか、木更津方面へ出てそこからぐるりと回るかのどちらかだったのですが、さてどうしようということになり、検討の結果、木更津方面に抜けることになりました。この時間なら穴川などの渋滞のメッカもまだ大丈夫だろうということでゴー。

途中ちょっとした渋滞はありましたが、ほぼスムーズに京葉道路から東関東自動車道、湾岸を通り、辰巳ジャンクションから北上して浜町に帰ってきました。100キロとどのくらい走ったでしょうか。程よい距離でいい気分転換になりました。

さて、来週末は自分の足脚で42キロを走れるように頑張りましょう。

全日空商事 1/100 B787-9 ナイン JA830A

全日空商事 1/100 B787-9 ナイン JA830A

 

 

フルマラソンで初DNS・・・板橋Cityマラソン

40000キロの旅

全く予期してなかった・・・が、思い返して見るとやはり急激にやり過ぎたことになったということなのだろう。

9日から15日までで110キロ・・・走り過ぎた。

走り込んでいる時ならどうってことない距離だが、1月、2月がほとんど走れていない中で、かつ、体調も万全とは言えないのに6日間でのこの距離(110キロ)は今の自分にとっては負荷が高過ぎたのだろう。

例の症状がでた・・・救いだったのは軽い症状だったところ。本命レースなら無理して出ていたかもしれないが、次週のとくしまマラソンがあったため、自重した面もある。

まあ、とにかく初めてのDNS・・・なとも言えないものである。

来週(とくしまマラソン)と再来週のラン行事(お花見マラニック)はちゃんと参加できるようにしたいものだ。

 

与論島のきび醋:健康にいいということで飲んでます

健康日記(減量、体調など) 日本橋ちょい呑みツアー

[rakuten:macaron-store:10008505:detail]

 平日は毎日お酢を飲んでいる。30mlのお酢にはちみつを適量入れて、それを水で薄めて500mlぐらい。去年の秋ぐらいからだから続いている。

mnoguti.hatenablog.com

飲んでいるのは、こちら、よろん島 きび酢本舗さんの伝統、深層水、星砂と3種類あるうちの伝統。評判では酸味もまろやかで飲みやすいというコメントもあるけど、自分にとっては十分すぎるほどの酸味だと思うw

このきび醋を平日は30mlほどの量をはちみつと混ぜ、それを500ml程度の水で割って飲んでいる。酢は計量しているものの、はちみつは適当に入れいているので、その日によってはちみつの甘みが違うのがポイントだ。

f:id:mnoguti:20170319114056j:plain

秋に頼んで箱買いしたのがなくなったので、再度注文した。今回はそれほど日数もかからずに届いたところを見ると、最初頼んだ時は3ヶ月待ちとなっていたのが、今は平常に戻っているのだろう。今回は2度目の注文ということでか、1本追加でつけてもらって6本入手。これでしばらくはまたきび醋を毎日飲めることになった。

この与論島のきび醋は、「与論島は、珊瑚からできた島で、島全体がマイナスイオンに覆われているそうです。その与論島のサトウキビ100%を原料としている」ことから他のお酢よりいろいろ健康にいいそうだ。自分が頼んでいる、「伝統」は、カリウムの含有量が米酢より20倍も多いということで、血圧が高めの自分はカリウムによる塩分の排出効果を期待して、飲むことにした次第。

最近、血圧を測る機会はあまりない。自分の体調は、基本、運動して痩せるようにしていないと血圧は高めで推移するので、これを飲んで自分で確認できるほどの効果があるかどうかはわからない。でも仕事で忙しい時、酢の酸味で気分転換になるし、飲み慣れると美味しいので飲み続けているって感じ。

デューデリジェンスを知り、応用する

ICT社会の経済分析 仕事からの教え

複雑な事象を解きほぐし、その複雑さ、わからなさの原因を明らかにするためには、それを整理する体系的な知識が必要だが、その体系的な知識の整理をどのレベルで実施し、活用するかは問われる問いの複雑さに寄るのかと最近思う。

これまでは、どちらかというとマーケティングの話(市場はあるのか、どうやったら売れるのか)が多かったような気がする。3Cの視点で対象マーケットやサービスを整理する。その前に外部環境(PEST)の整理もある。そこからSWOT分析をして、最後に4P戦略に落とし込むというもの。最近はそれがそれだけでは止まらないようになってきているというのが実感するところ。

とどのつまり、お客さんは何をどこまで知りたいのかというと、大きく動いている情報通信産業やその情報通信技術が実装される先の諸産業の中でどこを目指していけばいいのかということであり、次の投資先をどう探していけばいいのかという問いに行き着くのではないだろうか*1。つまり何を知ればいいのかというところから問われている。

 そうなってくると、調査対象の絞り込みから、その中でさらにどこをターゲットにするのかまでをまず解きほぐしてやる必要があり、こちらもそれなりの準備が必要になる。要するに、海のものとも山のものともつかない調査対象に対し、それがお客さんに対してどういう見方をすれば意味のある見方ができるのか・・・というところから始めなければいけないということだろう。

そうすると、あるサービスや技術、あるいは事業を丸ごと評価することになるのではないかと思い、そうするとマーケティングだけでは不十分・・・そうするとって考えてたら、これはデューデリジェンスの発想でやらないとダメなのではないかということに行き着いた。

こちらの知のフレームとしてはデューデリジェンスの体系を応用させてもらい、その中でお客さんは何を特に知りたいのかという絞り込み型になるのではないかと。なるほど、デューデリジェンスかということでまずはその全体像を把握したいということで購入してみたのが、「再生コンサルティングの質を高める 事業デューデリジェンスの実務入門」。

事業再生かM&Aか、また事業、財務、法務かとデューデリジェンスは分野があるが、これは書名からも分かるように、事業再生に焦点を当てた事業デューデリジェンスの解説本だ。内容はすぐに応用が聞くように色々な例を引きながら解説がなされて、とっつきやすい。まずはこれ一冊を読んで、全体を把握したらあとは必要に応じて各論の専門書の該当箇所を読み込んでいけばいいだろう。

変化の時代だから、部分を見ているだけではダメで、全体の中でお客さんから出てくる調査分析課題を把握して、位置付けて視点を定めるところが肝になる。そのためにどうすればいいか・・・これまで以上にマクロな視点(学際的と言ってもいいかな?)からの体系的な知の整理とその応用が求められているなんて言ったらカッコつけすぎだろうかw

 以下の2冊も役立つかも。

*1:B2B2Xというビジネスモデルの中で真ん中のBとその先のXに対しての戦略が求められていると思うのだが、性質が悪いことに何がそもそものターゲットなのかから認識されていないことがままあるような気がする。

嵐は過ぎつつあるのか?

仕事からの教え

久しぶりの忙しさだった昨年末からここまで*1

徹夜すること数回・・・朝は9時前から夜は10時過ぎはざら*2

仕事の回し方、割り振り方でもう少しどうにかなったのか?と自問しても答えはおそらく「ノー」。少なくとも自分の周りは皆同じような状況だった。今回は自分たちの限界を経験するという点でいい経験をさせてもらったということで、今後に生かさなければいけないだろう。

今回の状況は来年度はないようにしないといけない・・・そのために何をすべきか・・・日々考えるが、行動を伴わないとダメだ・・・と当たり前のところに行き着く。あとは絶対的に人的リソースが足りていないことは言えると思う。それについてはだいぶ改善されるらしい。

自分らが身の回りでできることはまだあるような気がする。その一つがみんなでもう少し外に出ることを考えよう・・・と改めて思うことだ。やはり受け身でやることよりも自分たちの得意な分野で自分たちの力を自分たちのペースで発揮できる環境をいかに作るかだろう。それにはお客さんとの新たなネットワークを重層的に作り上げることではないか。

あとは外部環境の情報をいかに早く体系的に亭に入れるかだろう。分析の観点や厚みが変わると思う。引き出しを作るともいうけどその部分もっと多くしないといけない。

一方、みんなそれなりに自分で考えて行動するようになっていることはいいことだ・・・ここをさらに伸ばしていければと思う。自主的に動くというのは楽しい・・・楽しくやっていきましょう。

こういうことを考えられるようになってきているのも、山は過ぎた、嵐は去りつつあるから何だろうなと思う今日この頃でした。

*1:多分10年以上前にはこの時期はかなりのものだったと思うが、今年はさらに精神的にもきつかった。

*2:最近は忙しくても徹夜まではなかったが、今年はやったね。最高は日曜日に朝から晩、否、月曜までぶっ通しで働いた時かな。