日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

酷暑の夏、東京も大阪も暑い!・・・昨年も結構暑かったがそれを上回るか今年の酷暑

それにしても暑い。

仕事で大阪に行ったが、大阪も暑い。

JR大阪駅の梅田口の交差点、誰も日向に立っていない。全ての人が日差しを避けるそれほどの暑さだった。

f:id:mnoguti:20180720081130j:plain

そういえば昨年の夏も暑かったなと思い出し、ブログの記事を探してみると、やはり書いてた。
この記事によるとやはり昔よりは確実に暑い日が多くなっているようだ。 

mnoguti.hatenablog.com

それにしても暑い。下の写真は仕事が一通り終わり、大阪駅に戻ってきて上の写真と同じ交差点からの一葉。時刻は5時に近かったのではないかと思うが、この空の青さ・・・日差しの強さを感じる。

f:id:mnoguti:20180720081120j:plain

大阪は暑いという人もいれば大阪は東京より少ししのぎ易いかという人もいて、どっちか分からないがまあどっちもどっち・・・暑いことに変わりはない。

この暑さ、いつまで続くのだろうか。

Rで時系列分析をマスターするのにRStudioを使う

ビッグデータが注目されるようになってから、にわかにデータ分析、実証研究の世界が賑やかになってきた。 

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

 

シグナル&ノイズにもある通り、社会科学の究極の目的の一つは将来を予測することだろう。そういう点でビッグデータを使えるようになったことはその目的達成の可能性を高める。

一方、社会の隠れた動きを知るにもビッグデータの分析が必須だ。それはビッグデータのヘッドの部分ではなく、テールの部分に隠れている。ロングテールと言われる異様に長い尻尾の部分にごくわずかにその動きが隠れている。それを掘り当てるためにはビッグデータと言われるほどのデータを処理しないと見つからないということだ。

現状で社会の隠れた動きを抽出し、分析するような研究がどこまで進んでいるのかは分からない。おそらくそれはビッグデータと言われるデータを使って分析している研究者のごく一部でしかないのではないか。そのようなあるかないか分からないデータの動きを抽出してもすぐに銭にはならないからそもそも世の中にニーズがない。

f:id:mnoguti:20170826011019j:plain

 

今のデータ分析の世界は、扱うデータ量が飛躍的に大きくなったという意味でのビッグデータに興味があるのであって、それは今までもアンケート調査データなどでみようと思えば見られたものである可能性が高い。ただそのためには調査データの他にも、その周辺のことをよく観察する必要があり、結構手間がかかるからだ。

データ分析が注目されているからか、そのためのツールも日々進歩している。ニーズがあるというのは素晴らしいと単純に喜んでもいられない。その進歩についていけないからだ。

さて、本題。今回は、自分の実証研究での新たなツールの獲得をどうにかしたいというところで、そのツールとは具体的には、Rとその分析ツールのRStudioいうオープンソースのアプリケーションについてだ。

ひと昔前は、Stateを使って、分析していた。このブログにも下記のような記事を書いたことがある。

mnoguti.hatenablog.com

Stateをそのまま使い続けてもいいのだが、最近はRを使っている人がだいぶ増えてきたし、自分もそれをなんとかマスターしようとちょこちょこ触っている。例えば、しばらく前はこんな記事を書いて、ベイズ統計をマスターすることとRをマスターすること一石二鳥を狙うみたいなことを書いている。結局、どちらも進んでいない。

mnoguti.hatenablog.com

そうしたら下のような時系列分析をRで行うための解説本まで出てきた。経済統計は時系列が主で時系列分析は景気分析をする上でぜひともマスターしたいところということでこちらも勉強しなければということになっている。

そうしたらRを使った分析環境を提供するツールRStudioなるアプリも登場してきて、さらにその解説本も出たということでこれを使ってベイズにしろ、時系列にしろ、ちょっと頑張ってみようと思ったわけ。

RユーザのためのRStudio[実践]入門−tidyverseによるモダンな分析フローの世界−

RユーザのためのRStudio[実践]入門−tidyverseによるモダンな分析フローの世界−

 

このRStudioの解説本は、RStudioの利用に限って解説していて、徹底的にRStudioを使いこなしましょうという本みたいだ。

まずはRStudioに慣れることと、それの練習台として時系列分析をやってみるということにしようと思う。

相変わらずの有言不実行になるのか、今回は少しはマスターするのか、どちらになるでしょうか。

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

 

 

【水天宮近く】天ぷら てん作:シンプルな天丼、みそ汁、シラスおろし、おしんこ付で930円

会社の眼と鼻の先にある天ぷら屋さん。天丼と天ぷらごはんのシンプルなメニュー。

久しぶりに行きました。12時前だったので、店内はまだいくつか席があり、慌てることもなく、ゆっくりいただきました。

f:id:mnoguti:20180717122215j:plain

こちら、天丼とてんぷらごはんにおしんこを基本メニューとして、あとはシラスおろし、豆腐、塩からが選べて、それで少しずつ値段が変わります。

今回は、天丼のおしんこしらすおろし版をいただきました。

f:id:mnoguti:20180717122222j:plain

天ぷらはサクッとし軽い感じ、当然、揚げたてです。ネタは、エビ、キス、イカ、茄子、ししとう、のりですね。追加で穴子、めごち、はぜ、グリーンアスパラとか、さつまいも、しいたけ、いんげんも頼めます。

f:id:mnoguti:20180717122208j:plain

いい感じに上がり具合。丼汁はあまり濃くなく、さりとて辛いわけでもなく、この暑いときにはちょうどいい塩梅です。熱々の天ぷらに程よくかけられた丼汁が浸みておいしいですよ。そしてご飯にも丼汁が程よく浸みます。汁だくでないところがいいんです。おいしく口の中でハーモニーを奏でます。
食事の時間は15分~20分ぐらいでしょうか。揚げるのに5分、食べるのに10分~15分って感じです。
忙しいとき、さくっと食べてそれなりにお腹も満足するのでいいですよ。
次回は天ぷらごはんを食べてみよう。
ご馳走様でした。

関連ランキング:天ぷら | 水天宮前駅人形町駅浜町駅

食べログ グルメブログランキング

隅田川テラス8キロ:酷暑の夏、夕方に走れば少しはマシ

土曜日のお昼の炎天下のランを考えれば、夕方4時過ぎ、太陽が傾いたテラスはまだ走りやすい・・・けど、今日も歩いた。

f:id:mnoguti:20180716214715j:plain

キロ7分から8分のペースでゆっくり走り、そして歩く・・・あっという間に太陽も落ちて行く。

f:id:mnoguti:20180716214705j:plain

土曜日に比べれば走れた方だが、まだ足が万全ではないので、ペースは上がらないけど、ここまで走れるようになっているということで明日も頑張ろう。

本日のランシューはこんな感じ。最近はCruiserが多いなと思いながらも今日も履いた。

f:id:mnoguti:20180716214643j:plain

蛇足だけど、月末の隅田川花火大会に向けて、テラスも徐々に柵を張り巡らせている。準備は着々と言ったところ。

f:id:mnoguti:20180716214655j:plain

明日も頑張ろう。

水分補給は、早め、少なめ、小まめ・・・酷暑の夏にどれだけ走れるか!

 

夏シーズンの始まり三連休中日に北軽井沢往復10時間

軽井沢に荷物を受け取りにドライブがてら往復しようと思いついたのは金曜日ぐらいだったろうか。連休の中日だから結構高速は空いているかもしれないというほぼ思いつきの行動。以前もそういうことがあってその時は中日の往復で正解だった。

f:id:mnoguti:20180716101440j:plain

今回もそれの再現を考えたのだけれど、そんなに甘くはなかった。

行きは11時前に出発し、関越の渋滞もそろそろ終わる頃、一部引っかかったがまあこのくらいならと言ったレベル。碓氷軽井沢の出口の渋滞もすでに終わり、これで3時前には着くかと思ったが甘かった。

f:id:mnoguti:20180610223601j:plain

碓氷軽井沢ICを降りるとすぐ交差点になる。通常はそこを左折し、近道するのだが、この日はその道は渋滞がそこまできている。まさかと思い、直進すると峠の1、2キロ前で渋滞に捕まる。ここから渋滞か!ってことでノロノロに・・・予定が狂い始める。

結局、軽井沢市街まで続いていそうだったので途中で裏道に入り、スーパーツルヤの方を回ることに・・・これはこれで良かったが、この連休、中軽井沢祇園祭の最中・・・いつもの道が通行止めで国道146号の上りの渋滞が千ヶ滝近くまで伸びている。ただでさえこの時期、車が多いのにこれは帰りはまた時間がかかりそうと認識する。

軽井沢についたのが4時前ぐらいだろうか。自宅で少々休憩し、その後、荷物を受け取り、例のうどんと焼きそばを購入して、早々に帰路に。軽井沢に下りるか、長野原を回るかで迷った末、草津白根が通行止めで客が減っているということで長野原方面に下りることにする。

f:id:mnoguti:20161010183954j:plain

結果的にこれが正解だったのかどうかは分からない。やはり長野原から渋川伊香保ICまでの距離があることと関越の渋滞がまだ終わっていなかったので、これなら軽井沢に降りてもそれほど変わらなかったかなと思わないでもなかった。

浅間隠山の二度上げ峠という道があったが、ここも裏道として結構知られているので結果はあまり変わらなかったのではなかったかと思う。

関越は前橋の手前から渋滞・・・少し走ると今度は藤岡から嵐山あたりまで渋滞、そして東松山あたりが渋滞。当初、8時30分ぐらいの到着予定時間だった。これなら上手くすれば大河ドラマ少しは見られるかと思いながらハンドル握っていたが、関越道に乗って見る間に遅くなり、到着時間は10時前に。

自然渋滞だからまだ良かったものの、久しぶりに大渋滞にハマってって感じ。そして最後は、首都高の板橋あたりで工事渋滞。ほぼナビの予想通りの時間に到着。

正味10時間、400キロのドライブとなりました。

シーズンの高速や観光地は渋滞必須ということを改めて思い知らされた1日となりました。

お疲れ様でした。

渋滞学 (新潮選書)

渋滞学 (新潮選書)

 

 

【清澄白河】ブリジェラ:酷暑の夏に美味しいジェラート・・・生き返ります

酷暑の夏に爽やかなジェラートをいただきました。

この日、体感では35度を超えるような酷暑・・・そこを浅草から清澄白河まで隅田川テラスを走る・・・このお店、ブリジェラ、目標でやっとたどり着く。

f:id:mnoguti:20180716093145j:plain

お店は結構流行っている模様。若い人や家族ずれがひっきりになしに訪れます。そしてみんな結構まとめ買いしている。

自分はまずはカップでミルクとパイナップルをいただく。口の中でスーッと溶けていく感じがいい。甘さも程よくて暑さにバテた体には嬉しいジェラートです。

f:id:mnoguti:20180716093139j:plain

一つ食べると暑さにまいっていた体が少し復活。そうするともう一つ食べたくなる。

ジェラートは食べたので、次はこちらとスムージー。プレミアムピスタチオがいいということで再度店内に・・・ちょっと混み合っていたのでしばし店内で待つ。

f:id:mnoguti:20180716093120j:plain

このしばしの間がよくなかった。暑さで頭がぼーっとしていたのもあるけど、自分の注文の時、スムージーという単語も、プレミアムピスタチオという単語も全て頭から消えていた。あれっ?となりふと外の看板の方をみると、店員さんが気を利かせて出てきたのが、こちら・・・ブリオッシュ・コン・ジェラートのピスタチオが入った一品。

f:id:mnoguti:20180716093127j:plain

何か違うなと思いつつ、外に出て看板を確認して、自分が頼もうとしていたのが、スムージーだったということを思い出したのでした。

間違えたけど、こちらのブリオッシュも十分美味しかったです。

浜町から近いのでまた行きたいと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:アイスクリーム | 清澄白河駅森下駅門前仲町駅

隅田川テラス3+8キロ:血液が沸騰するような体感35度超のラン

久しぶりのテラスは酷暑の1日になるとの天気予報がズバリと当たった土曜日のお昼。

さすがに浜町あたりのテラスは誰も走っていない・・・と見えたのだが、結構、走っている人がいたのでびっくり@@!

f:id:mnoguti:20180716002923j:plain

まずは待ち合わせの浅草雷門を目指し、テラスを走る。本当は高速の高架下を走れば良かったのだろうが、左岸に渡るのが面倒で右岸を北上。暑さが半端なく、半分以上を歩く。すでに本番はほとんど走れないのではないかと悟る。

雷門で無事合流し、テラスおよび周辺の散策を兼ねたランが始まる。今回は3名での実施。しかし、暑い。下の写真、新大橋なのだが一緒に走っていた二人ははるか彼方に走り去る^^; 写真に小さく写っているだが、それほど離されてしまった。すでに走るのを諦めている自分。

f:id:mnoguti:20180716002913j:plain

両国橋あたりでは、テラスから外れ、メンチカツを食べていた二人・・・暑さの中で、美味しいと言って食べていたのだが、自分は無理。しかし美味しいメンチということで後で別の日に買いに来ようと心に誓う。

下の写真、どうです・・・隅田川が靄ってますがな、あまりの気温の高さに揺らいでいます・・・隅田川。もうフラフラになりながら必死でついて行きましたが、清洲橋通りあたりで二人を見失い、その後、迷走が始まる。

f:id:mnoguti:20180716002903j:plain

清澄庭園あたりで道を間違え、1キロぐらいか、遠回りになる。そしてやっとありついたジェラート、生き返ったよ。美味しかった。

f:id:mnoguti:20180716003325j:plain

しかし、結局、暑さには勝てず、そのまま清洲橋を渡り、浜町へ戻ったのでした。

f:id:mnoguti:20180716002851j:plain

いや、本当にお疲れ様でした。

熱中症にならなくて良かったです。

夏はこれから、頑張ります。

サッポロ一番:たまに食べるとなんとも言えないこの美味しさ

たまに食べると・・・美味しいんです・・・サッポロ一番。自分の場合は、しょう油味が一番なのです。

 インスタントラーメン・・・何と言っても調理時間が短いのがいい。

昔はキャベツをざく切りにして入れたものですが、今はスーパーかコンビニでカット野菜を買ってきて、それを入れて作ればすぐにできちゃう・・・この簡単さ。

自分の場合は玉子を一つ落とします。それを半熟で仕上げるのが好きです。

f:id:mnoguti:20180713234904j:plain

入れるタイミングは麺がほぐれかかった頃、その頃に入れるとほぼ生に近い半熟玉子ができます(自分の場合は硬麺が好きなので、時間は短いと思います)。その半熟玉子は途中で潰して麺と絡めて食べる時もありますが、大概は最後にスープと一緒にいただきます。黄身とスープが口の中でコラボするんです。これが美味しい。もう40年以上、食べ続けてきた食べ方です。

f:id:mnoguti:20180713234850j:plain

硬めに茹でた麺も最後の頃には程よい硬さになり、美味しく食べられ、いい感じです。この日はちょっと野菜が少なめでしたが、野菜をもっと多めに盛って食べても美味しいです。野菜が多いとその甘さとスープの旨味がうまくマッチしてうまさ倍増って感じです。

最近はめったに食べませんが、やはり時々食べると美味しいです。

またそのうちいただこうと思います。

ごちそうさまでした。

 

一応、自分も投資家です・・・この時期のお楽しみ配当金がきたw、一方で将来を考えたりして

自分も一応投資家。

自分の場合はかつての日頃の生活を考えてANAの株主になりました。年一回の配当金、そして株主優待券を楽しみにしている小市民です。

f:id:mnoguti:20180712224449j:plain

最近、グロービスさんのこの手の動画をよく見るのですが、こういうの見ていると今出資するならどういうところに出資するのがいいのだろうと、考えて見たりします。


テクノロジーが変える50年後の社会~ビジネス・経営はどのように変わるのか?

夢を追うなら絶対的に中小企業、ベンチャーの世界、小市民的にはお小遣いが欲しいとか、株主優待なんだろうとか。

そういうときにタイミングよく、こういう本が出るというのも将来を考えろという暗示か。

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

 

そしてこういう本も出たりする。

アメリカ経済 成長の終焉 上

アメリカ経済 成長の終焉 上

 

パックスアメリカーナの次は、パックスチャイニーズになるのだろうかとか・・・なるんだろうなと思うけど、でもここで一つあるのが、モノの世界からビットの世界への移行は世の中を動かすドライバーが大きく変わるだろうということ。

アメリカ経済 成長の終焉 下

アメリカ経済 成長の終焉 下

 

アメリカにしろ、中国にしろ、モノの世界で台頭し、世界を支配し、これからそうなろうとしている国家。

一方、世界は望むと望まざるとにかかわらず、ビットの世界に入ろうとしている。そのような時代に両国は覇権を争うことができるのか?

そもそもビットの世界に国家は統治機構として有用なツールであり続けるのか?なんてことも頭をよぎる。

さて、僕らはこれからどういう見立てで、何処に張るのがいいのか・・・極小の投資家としては考えるのでした。 

【人形町】店名未確認:ジンの飲める店

水天宮駅前交差点近くの東京家具さんのビルの1Fに入っている。

以前はたこ焼きパーティができるお店が入っていたところ。自分の勤先とは目の鼻の先ということで先週行ってみました。

たこ焼き屋さんの後、しばらくとある県のアンテナショップになっていて、そこが引き払ったのちしばらく空いていたのですが、この度、目出度く新規オープン。

f:id:mnoguti:20180712221420j:plain

マスターは若く、気さくに色々話してくれました。どこかの酒屋さんに務めていて、パッと気分転換に飲めるような店にしたいとか行っていたような記憶があります。

ジンを専門に飲ませてくれるお店ってなかなかないと思うのですが、ここはそういうお店。

f:id:mnoguti:20180712221409j:plain

夕方、残業があるとき、残業に入る前にパッと強いジンを煽って、気分転換して仕事してほしい。そういう感じで飲みに来てもらえればって感じでマスターが言っていたように記憶しています。間違ってたらごめんなさい。

ヘンドリックス ジン 44度 700ml

ヘンドリックス ジン 44度 700ml

 

いい感じのお店が近くにできてハッピーですw

食べログ グルメブログランキング