日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

【人形町】天ぷら 中山:久しぶりの天丼は、月並みだけど美味しかった

久しぶりに寄らせてもらいました・・・人形町にある天ぷら屋さん、天ぷら 中山さん。

いつもは行列のことが多いのですが、この日は雨模様で12時30分過ぎだったからか、行列はありませんでした。店内に何人かいるかもしれないなとさりげなく中を覗くとなんと!カウンターが2席ほど空いている。やはり人気店は雨の日に限るぜ!って感じ。

f:id:mnoguti:20171018003505j:plain

そうはいってもすぐには出てこないので、ネタケースの中をのぞいてみたりして、時間をつぶす。海老とか、キスとか、アナゴとかが写っている。これが衣を纏って、揚げられるとあの美味しい天ぷらになる。もう少し我慢。

f:id:mnoguti:20171018003455j:plain

そして出てきたのが、こちら・・・今回も天丼。

いつもの天丼・・・久しぶりにこの揚げたての香りが鼻腔をくすぐる・・・眺めてないでさっさと食べようってことで一部天ぷらを蓋の上に退避させていただきました。

f:id:mnoguti:20171018003448j:plain

天丼をアップ。どうですか?ごま油のコクと甘じょっぱい丼ツユの味が絶妙にマッチしているのが、ここ、中山さんの天丼なのです。今日は野菜がナスでした。その他は、海老が2尾、キス1尾、アナゴ半分乗っておりました。

f:id:mnoguti:20171018003436j:plain

どうです、この美味しそうな照り・・・たまらんでしょう。キスの尻尾がちょっと邪魔いていますが、そこはご勘弁・・・何しろ美味しい天丼です。そう言えば、本日から新米とのことでした。新米だけど、いい感じに歯ごたえがある感じに炊きあがっていて、新米の分、いつもより美味しくいただけました。

f:id:mnoguti:20171018003428j:plain

ご飯は結構盛りがいいのですが、今日はペロリといただき、しじみ汁も一つ一つ丁寧に身までいただき、お漬物とお茶も綺麗にいただいてごちそうさまでした。いや、今回も美味しかったです。

f:id:mnoguti:20171018003535j:plain

しばらくぶりに行ってみると、親父さんの耳が遠くなったらしく、カウンターの中はそれで漫才?コント?模様でした。最初はちょっとびっくり@@!したけど、理由がわかればなんとも家族的な笑いに変わります。

ごちそうさまでした。

行列大変だからたまにしか行けないけど、これからもよろしくお願いします。

関連ランキング:天ぷら | 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

食べログ グルメブログランキング

隅田川テラス22キロ:まだハーフを楽しく走るまでの脚になっていない

本日は雨が午後上がったので是が非でも走るぞと6時にテラスへ・・・最近雨が続いているためか、走っている人は少なめ・・・かな?

自分はなるべく楽にキロ6を少し上回るぐらいのペースで走ることを目指し、スタート。最初は、15キロぐらい走って終わるつもりだった。

f:id:mnoguti:20171018001349j:plain

今日はなぜか脚が重い・・・走りながらなぜだろうと考えていたのだが、多分、朝、久しぶりにスクワットを50回×2セットで計100回行ったことが影響しているか・・・と気づいた次第。昔は200回ぐらいやっていたけど、最近はとんとご無沙汰していたので、それで突然だったから、結構効いたのだろう。

f:id:mnoguti:20171018001337j:plain

脚は重かったけど、それなりに走れたので両国橋からさらに北に進むことに。最初は吾妻橋で折り返すことを考えたが、一度、意識してハーフの距離を走っておきたいと考え直して、桜橋まで行くことにした。流石に10キロ過ぎからは脚の重さがさらに増し、このままではキロ6キープは難しいかと思いながら走っていた。

実際、最後の数キロはキロ6を切れなかった区間もあった。これではハーフを2時間切るのは難しいなというのが本日のラン後の感想。軽井沢マラソンフェスティバルはキロ6で走りきることを目指そうということに。

今月は走り込む予定だったけど、週末ロングができていない分、距離が伸びない。当然、長い距離を走れる脚を作るのも遅れるということになる。大きな脚の故障もなく、体の減量とかはうまくいっていないが、脚の調子は悪くない・・・ベストを尽くせればと思う。チャレT、何着ようかなとか、新しいのまだだなとか、頭の中はそっちへいってしまっているw

まあ、レースは練習の一環とはいえ、頑張る。

10月のラン:134.3キロ
(9月のラン:207.6キロ)
2017年シーズンのラン:1384キロ

本日のランシュー:adizero takumi ren

 

いろはのち:身近にいる「鍵を探す男」

次のような寓話がある。

夜中に歩いていると、街灯の下で這いつくばっている男がいる。何をしているのかといぶかって聞いてみると、鍵をさがしているという。大変気の毒なので、一緒に探してみるが、一向に鍵は見つからない。そこで、念のためにどこで鍵を落としたのか聞いてみると、何とずっと向こうの暗がりで落としたというではないか。呆れ果てて、じゃあどうしてあっちで探さないのかと問い詰めると、男は、「だって、向こうは電気がついていませんから・・・」。

これは、現東大教授の神取先生の次の著作からの引用だ。

現代の経済理論

現代の経済理論

 

この本の第1章の冒頭部分で書かれているわけだが、神取先生は、それに続く文章で次のように書いている。

これは私が大学院生だったころ応用経済学で名高い某先生から聞いた寓話で、むろん理論経済学の役に立たない事を皮肉ったものである。

実はこれと似たようなことが、調査研究を仕事とする我々の世界でも見られる。

調査研究を実施するにあたって、要は、クライアントの抱える問題をいかに調査研究を通して解決できるかなのだが、その最初で躓くことがままある。その状況が上記の鍵を探す男に似ている。

具体的には、クライアントの問題意識が上記での「鍵」で、提案内容が「光のあたっているところ」という具合に読み替えると、クライアントの問題とは違うところばかりを提案して「提案が取れない」と悩んでいる研究員ということになる。

f:id:mnoguti:20170826011019j:plain

この例え話は、自分たちの仕事上もある話で、鍵を落とした場所(クライアントの要望)は別にあるのに、街灯の下(自分の得意な分野、自分のおすすめのテーマ)ばかり探して、肝心の落とした場所(クライアントの要望)をまともに取り合わないというなんともやっかいな(クライアントにとっては迷惑な)状況だ。

実際、調査研究で自分の担当分野の依頼でも、自分のやりたいこと=クライアントの要望ではないことの方が多い。仕事を進める上では、クライアントの要望を聞きつつ、何を求められているのかを正確に把握できるかがポイントになるのだが、そこが結構難しい。それができないと自分の提案が、独りよがりな内容になってしまい、クライアントには響かないということになる。そして悪いことにそういう時は得てして、提案者である研究員は自分が独りよがりになってしまっていることに、実際、気づいていない。

こういう状況は、自分に自信を持っている研究員ほど陥りやすく、それだけ解決も厄介だ。その場その場では何とかなっても長期的にはお客さんは離れていく。少しでも早く自分が自分本位で、クライアントにとっては的外れな提案をしていることを気づいてほしいのだが、周りの声に素直に耳を傾けることもそういう人はできないので、何かのきっかけで気づいてもらうことを願うしかない。

悪いけど、そういう人とは付き合わない方がいい・・・というのが今のところの自分の回答。

なぜあなたの研究は進まないのか?

なぜあなたの研究は進まないのか?

 

ブログの更新1000日継続できたよ。

 昨日、このブログの連続投稿が1000日を記録した。まあ、正直言うと書けない日が何日かあり、後から書いたりしたこともあったが、何しろ1000日は1000日。その画面がこちら。2017年10月15日の記事。正確にはこの記事の前に一つあるので1000日連続を記録した記事は別にあるが・・・まあ、いいでしょう。

f:id:mnoguti:20171015215411p:plain

そしてこちらが1000日連続投稿の表示。右下ね。小さいけど見えるでしょうか。

f:id:mnoguti:20171015215407p:plain

そしてそれが始まったのが、調べてみるとこの記事からだったみたい。Y太郎さんの悪戯を書いたものだ。

mnoguti.hatenablog.com

実はブログは2004年の5月から初めていて、2010年ぐらいまではそれなりに書いていたのだが、その後、記事の数が激減した。それは、Twitterであり、Facebookが出てきたからだ。自分のブログの使い方とそれらの新しいメディアの使い方がほぼ重なってしまった。周りの利用もtwitterFacebookに移行していたこともあり、自分もブログの更新が少なくなった。

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

 

一番少なかったのは2013年で年間で58記事しか書いていなかった。この時は本気でブログをやめようかと考えていた。最初OCNのブログを使っていたのだが、この直後ぐらいではなかっただろうか・・・OCNブログがなくなることになったのは・・・それもあってやめようかと考えたこともあったが、結局、はてなダイヤリーに移行して、今のはてなブログに行き着いた。

OCNを使っていた時期は他のブログも使っていた。まあ、広げすぎた結果、記事を書くのが面倒くさくなってしまった面もあるかもしれない。

 継続して描くようになったのは、やはり書く力が衰えて生きていると実感したから。仕事上もこれはまずいと言うことで1日1記事は必ず書くようにしようということにした。そして現在、一日1記事は続けている。最近はその上でランニングやゴルフ等の記事はそれに加えて書くようになっている。

数少ない読者の方は読んでいて感じている方もいるかもしれないが、書きっぷりというか、書く内容というか、そのあたりは調子がいい時、前向きの時とそうでないときではかなりの差があると思う。こういうむらがないようにしたいのだが、それはなかなか。

仕事上もどれだけ役になっているかは分からないが、やはり書いていないといざという時書けないということは明白なので、今後も続けていくと思う。実際にペンを持って字を書くという作業もやった方がいいのだが、最近、MacBookを購入してしまい、今はEvernoteを使って色々な情報を整理するようになり、ペンで書く方はちょっと少なくなっている面がなきにしもあらず。

だいたい自分の書くことは幅が狭く、いつも同じようなことを書いているけど、今後もそこは無理をせず、同じような記事を書き続けていくと思う・・・ということで今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

隅田川テラス14キロ:現在の体調なら中3日でこの位は走れる。

3日ぶりのランは、中盤から後半にかけていい感じで走れました。そして本日でやっと10月の走行距離が100キロを超えました。予定よりだいぶ遅れてます。この1週間ほとんど走れなかったので、これはしょうがない。気持ちを入れ替えて週明けから走り込みますよ!と言いたいところだけど、今度の週末は軽井沢マラソンフェスティバルだった。

sanspo-marathon.net

さて今週はどう走るか。軽井沢マラソンフェスティバルの二つのハーフは練習の一環として走るとしても、それなりのタイムで二日間を走り切りたい。できたら二日間の合計タイムで4時間切りたいけどどうだろうか・・・現在の体重ではちと無理かなw

さて、本日のランは、中3日でもあり最初から体は何となく軽く感じ、ペースも6分に近いところで走れていたのでそれなりに行けるかと思ったけど、今の調子はこのくらいなのかと終わった後でまだまだだなと思ったり。

f:id:mnoguti:20171015190040j:plain

やはり今の時期なら、14キロのこのコースはキロ530は切りたいところ。それがまだきれないからだいぶ調整は遅れているんだろう・・・と思って1年前の走りっぷりを確認したが、タイム的には今年の方がいい感じ。一方、距離は去年の方が踏んでいる。距離を踏めていない分、今年は体重がめっちゃ重い。この時期これでは碓氷峠はだいぶ辛いと覚悟を決めるしかないな。

今週も走れるだけ走って、週末の軽井沢を迎えることにしようと思う。ただし、追い込むような走りは水曜日まで。木曜日と金曜日はゆっくりランにします。また頑張りすぎて故障を再発させてもいけないので。

それではみなさん、今週も頑張って走りましょう。

10月のラン:110.9キロ
(9月のラン:207.6キロ)
2017年シーズンのラン:1361キロ
本日のランシュー:adizero RKの2代目

 

【2017年のゴルフ③】草津カントリークラブ:久しぶりのラウンドながら、スコアは105と大健闘

ここ数年は年中行事となっている雲林寺さんのゴルフコンペ・・・今年も参加させていただきました。コースは草津カントリークラブさん・・・この周辺では古い方のコースです。

www.kusatsu-cc.com

10月の3連休の最終日、金曜日の雨も上がり、若干、雲は多かったものの、ゴルフをやるにはまあいい気候でした。

朝7時30分集合して記念撮影とか挨拶とかがあって、8時より、全部で12組、アウトとインで6組ずつで順次スタート。我々はアウトの最終組で、Hさん、Kさんと我々夫婦で回りました。

f:id:mnoguti:20171012122202j:plain

前半アウトのスコアは以下の通り。

  • 1(6,3:4)出だし第一打は右隣のフェアウェへ。その後、リカバリが比較的うまくいき3オンなるも、3パットでダボ
  • 2(6,1:4)次もダボ。5オンだったが、ワンパットで凌ぐ
  • 3(6,2:5)最初のロング。ドライバのあたりはまだまだだったが、アイアンとアプローチを無難にこなし、ボギー

アウト前半は、18(6)で久しぶりのゴルフとしては出来過ぎの予感。しかし、体がほぐれてないのか、思い出せないからか、出だしはどうしてもドライバーが不安定。自分のフリができていないのは分かっているが、すぐには修正できないのがなんとも。

  • 4(5,3:3)ショートは2オンしたものの、3パットでダボ。ショートは悪くてもボギーで上がりたい。ここは最初のニアピンホールでした
  • 5(9,2:5)2度目のロング。ここはダメだった。こういうのを無くさないと
  • 6(6,2:4)このまま崩れるかと思ったけど、何とか踏ん張ってダボ。確かここはドラコンホールではなかったかと思いますが、フェアウエイにはボールを置くことはできませんでした

中盤は、20(7)で前3ホールより崩れる。やはりダメかと思いながらプレーを続ける。5番ロングで叩いてしまったのが痛い。

  • 7(4,2:3)二つ目のニアピンホール。やはり1オンできずにそれでもボギーで上がりました
  • 8(5,2:4)お腹がすいてきた8番、3オン2パットでボギー。上出来
  • 9(8,3:4)アウトのラスト・・・力んだのかやっちゃいました。ここだったかバンカー脱出に手間取ったのは

後半は、17(7)となり、最後叩きましたが、終わってみればアウトの前中後半では一番いいスコアで終わりました。こうなると9番が惜しかったです。

アウトは、55(20)となり、自分としては上出来なスコア。最初はどうなることかと思いましたが、何となくスコアになったのは、グリーン周りのアプローチとパットが比較的良かったことにつきます。

さて、お昼はお腹空いたのでちょっとボリューミィにカツカレーをいただきました。かつは揚げたてアツアツで美味しかった。カレーも美味しい。残念だったのは、カツの横に添えられたジャガイモのフライ・・・冷たかった・・・orz

f:id:mnoguti:20171012122155j:plain

カツカレー食べて燃料補給は万全。スコアの良し悪しは考えず、無心に後半インコースに挑みます。

Tabata(タバタ) ゴルフティー ウッドティーショート 40mm

Tabata(タバタ) ゴルフティー ウッドティーショート 40mm

 

天気も良くなってきました。写真は前半アウトのどこかのホールから撮った浅間山・・・やはりこの辺りでゴルフするなら浅間山が見えないとね・・・ということでパチリ。

f:id:mnoguti:20171012122142j:plain

さて、後半インコースです。

  • 10(5,2:4)出だしボギー。ドライバも何となくあたり出す
  • 11(5,2:4)次もボギー。アプローチとパターに救われる
  • 12(7,2:4)ここも2パットで終える。パターが良かったですね

インの前半は、17(6)。相変わらず今日は無難にまとまっている。このままで行ければと考えないでもなかったけど、スコアについては今回はほとんど気にしてなかった。

  • 13(6,2:5)ロングでボギー。パーが欲しかった
  • 14(4,2:3)連続ボギー。
  • 15(6,2:4)ダボ。パターが無難に決まっている。そうなるものアプローチで結構ピンそばに付けられているから。この頃からインは40台で回れるのではないかと

インの中盤は、16(6)。こうやって振り返るとやはりこの日はかなりいいよね。昔、月一でやっていた頃を彷彿とさせるような内容だったと今更ながら思う。

  • 16(5,2:4)ここでもボギー。40台、行けそうかな・・・と思ったけどあまり意識しなかった
  • 17(4,2:3)またボギー。今日はいい感じで本当に回っている
  • 18(8,3:5)最後は気持ちよく上がりたいと思ったけど、ミスショットがいくつか出て5オン3パットとトリになりました

そして最後、インの上がり3ホール。17(7)で最終ホールが残念至極。これで後半のインは、50(19)となりました。もう少しで50を切れましたが、残念。まあ、練習してないのでそこまで望んだらバチが当たろうというもの。

アウト55(20)、イン50(19)、トータル105(39)となした。下記の前回が、アウト60(20)、イン57(24)、計117(44)だったので、見違えるほどのいいスコアだったということで次回に期待しましょう。

mnoguti.hatenablog.com

雲林時さんのゴルフコンペ、今年で4回目でしたが、毎年、同じ檀家さんたちと少しずつ知り合いが増え、とても有意義な1日となり、この後、懇親会に出席し、夕方東京に向けて帰りました。

今週のお題「行ってみたい場所」:それはここ!毛無峠!!

今週のお題「行ってみたい場所」と言うことで、これはここしかないでしょう。 

mnoguti.hatenablog.com

群馬県と長野県の県境にある毛無峠。この夏秋の目標にしてまだ行けてない。

matome.naver.jp

下手な解説はいらない。

上のNAVERまとめと下の動画の数々をご覧いただければ、お分りいただけると思う。


長野県道112号 毛無峠への道 車載動画


秘境!絶景!毛無峠ツーリング!


夏の毛無峠を空中散歩・4K撮影


毛無峠登頂プロジェクト


「土鍋山(1999.5m)、破風岳(1999m) ~毛無峠から」 2016-7-18

草津白根あたりの景色もいいけど、ここを知ってしまったら、一度は行ってみたい・・・と思わない?自分は登山とかトレッキングは素人なのでやらないけど、車でいけるところまでは行ってみたいと思うのでした。

負けられないけど、酒には負けた

今回は久しぶりにお刺身堪能しました。これはよかったんです。

場所はいつものココでした。

関連ランキング:居酒屋 | 人形町駅浜町駅東日本橋駅

楽しい仲間と飲んでいました。これも良かったんです。

f:id:mnoguti:20171014162808j:plain

そして羽目を外した格好になりました・・・はっきり言って、これまでにないほど飲みすぎました。

自分の立場を考え、ちゃんとせい!とハッパをかけられたような・・・それからやらにゃあと思いつつ、宝35度が染み渡りました。

つべこべ言わずにやってみろってことだと思います。

週明けから心を入れ替えて頑張りましょう。

 

北軽井沢の隠れた名産:これからの季節は白菜です

軽井沢と言えば、夏のキャベツやレタス、花豆、モロッコインゲンなどがありますが、もう一つ、これからの季節に美味しい野菜がありました。

それが白菜。これは自分も最近まで知らず、先日、分けてもらって始めて食べたわけですが、美味しかったです。

それがこちら。シンプルに白菜と豚バラ肉を交互に重ねて、鍋にしたもの。一枚一枚、白菜と豚バラを重ねるので、その点が少々手間ですが、あとはコンロに鍋をかけ煮るだけ。味はコンソメかな?シンプルな味付けです。

f:id:mnoguti:20171012120837j:plain

出来上がりはこんな感じで、これをふうふう言いながら食べるわけですが、すでにスープに味がついているのでこのままでも行けますし、ポン酢などにつけて食べてもOKです。そして白菜が水を多く含んでいるだけにこれだけでお腹いっぱいになります。カロリーもそれほどでもなく、ダイエットとしてはもってこいです。それよりも白菜と豚バラのハーモニーが絶妙で美味しすぎてしまうってw

f:id:mnoguti:20171012120823j:plain

どうですか?アップの写真、美味しそうでしょう。肉は豚バラが一番ですね。

軽井沢の白菜、朝どれの美味しいところをもらえたので最高に美味しくいただけました。まさか北軽井沢で白菜が栽培されていたとは!って感じで灯台下暗しでした。しかも美味しいんですよ。夏の高原野菜、秋の白菜、どちらもおすすめ・・・だけど、東京で帰るのだろうか?少々お手間ですが、各自、お探しください。

今年の冬は、白菜をいろいろ試そうかなと考えています。

ご馳走様でした。

 

隅田川テラス20キロ:中二日でのラン、身体が少々重かったw

 中二日で隅田川をランニング。当初は、先週末、浅間高原で走り込んでくる予定が、お酒の誘惑に負け、二日酔いとなり、下記の通り、10キロしか走れませんでした。

mnoguti.hatenablog.comそれ以来なので、疲労が完全に抜けたというより、脚が少々なまってきているぐらいの状況の中、隅田川テラスにでました。ちょっと間が空いたので、今日は無理をせずキロ6ぐらいで14キロかなと思いながら、南側をテラスパトロール開始。

ORGANIQ(オルガニック)269mlx96本(エナジードリンク)

ORGANIQ(オルガニック)269mlx96本(エナジードリンク)

 

走り始めは、慎重に走りましたが、1キロ過ぎぐらいからキロ6を目指して徐々にアップ。その後、キロ6前後で走り、結局は612の平均ペース・・・最近の走り込み具合を考えれば、この距離ではまあまあか。

f:id:mnoguti:20171012122705j:plain

その距離ですが、当初は14キロぐらいかなと思っていたのですが、最近走れていないのと、翌日は走れないことが確定していたので、それならということで距離を伸ばすことに。最初は桜橋まで目指そうか・・・つまり南側をぐるりと回り14キロほど、それにプラス桜橋往復で22キロぐらいと思ったのですが、信号で止まるのが嫌で結局吾妻橋で折り返し、トータル20キロとなりました。

さすがにちょっとなまった脚だったので最後の数キロは苦しかったです。前回、テラスを走った時のようにこの距離でも最後の3キロをペースを上げるぐらいで走れるようになれば30キロ走が楽にできるぐらいになっているはずなのですが、やはりちょっとなまってしまったようです。

今週末はしっかり走り込んで、来週は30キロをキロ6ペースで走り切れるようにしたいです。

お疲れ様でした。