日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

記事修復の思わぬ贈り物:2004年秋のベルリン(ITS大会への参加)の数々の写真①

ブログの修復作業中、ベルリンの様子という記事に出会った。そこには、当時お世話になっていたOCNのブログの写真コーナーに、この時行ったベルリンのアルバムが作ってあるとのコメントが付いていて思い出した。

 

 

そう言えば何枚か写真をアルバムとして公開していたということで、例のハードディスクの中を探ると出てきました、出てきました。当時の写真が十数枚。どれもこれも懐かしい・・・ということでここに再度ご開陳します。

ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ 最新版 (旅のヒントBOOK)

ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ 最新版 (旅のヒントBOOK)

  • 作者:松永 明子
  • 発売日: 2019/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

まずはベルリン(旧東ベルリン地区でした)の朝。ホテルの窓から見たベルリンの市街。泊まったホテルは東ベルリンのちょっと郊外(といっても、ダウンタウンまで歩いて行ける距離だったと思う)だった印象が残っている。

f:id:mnoguti:20200520093725j:plain

ベルリンの名前、Berlinは、一説によると、「ドイツ語で熊を意味するBärと関係がある」とのこと。だから街の中には至るところに熊の置物がある。本当に至るところにあった。

f:id:mnoguti:20200520093729j:plain

黄色の熊の左に立つ人、若いね。16年後あんなになるとは思っていなかったんじゃないかなw それにしてもあの肩掛けカバン、当時も使ってたのかというより、ベルリンに行くのに買ったのか・・・とか思い出したり。

そして一つとして同じものはなかった。

f:id:mnoguti:20200520093735j:plain

逆立ちまでさせているというのは、さすがベルリン市民。

f:id:mnoguti:20200520093739j:plain

本当に街のあちこちにありました・・・というよりいました。

f:id:mnoguti:20200520093744j:plain

 

 

そしてベルリンといえば、これ、ブランデンブルグ門。かっちょいいです。

f:id:mnoguti:20200520093748j:plain

手前に止まっているのみんな客待ちのタクシーですが、全てベンツというのがさすがドイツ!って感じ。

f:id:mnoguti:20200520093753j:plain

こちらは市内を走るトラム。これとモノレールもあったかな。それに上のベンツのタクシーといろいろ交通機関は利用しました。

f:id:mnoguti:20200520093757j:plain

 

 

日本でいえば人力車に当たる感じ。自転車を改良したタクシーみたいなもの。観光用ですかね。ゆっくり移動しているのが印象的でした。

f:id:mnoguti:20200520093801j:plain

天気が良かったので、多くの人で賑わっていました。

f:id:mnoguti:20200520093806j:plain

今となっては懐かしい思い出です。

ITSでの報告が目的で行ったのですが、今、思い返してみるとこの頃が一番研究をしていたような気がします。もう16年も前・・・今の自分はそれから見るとどうなんでしょうねえ。

もう一度あの頃のように研究に力を入れるという機会があってもいいかと当時を思い出しながら考えています。

続く(あと2回ぐらい)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村