読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

東京徳島激走670キロ:今回は出発遅れとアクシデントで長時間ドライブに

今回で何回目になるでしょうか・・・東京から徳島への長距離ドライブ・・・今回は670キロの距離を走りました。

出発は夜9時と例年に比べて遅めです。仕事が忙しく、結局、会社の納会に出席し、その後、さらに仕事してから帰宅して準備・・・出発はこの時間に。

都内はこの時間なりの混み具合、池尻から首都高3号渋谷線に乗り東名へ。御殿場まではいつ走っても混んでいるのでまあいつもと一緒・・・混んでます。今、振り返ってみれば、多くの企業の最終日だったので、夜の時間はすでに帰省の混雑が始まっていたのだと思いましたわん。

mnoguti.hatenablog.com

帰省ラッシュといえば、2013年のお盆の時を思い出しますが、違う意味で今回もなかなかな激走となりました。いつもよりゆっくり目ということもあり、鮎沢PAで最初の休憩。

今回、一番意外だったのは、新東名に入っても結構な交通量で90キロ前後のペースにしかならなかったこと・・・通常はもう少し速いのですが今回は混んでましたね*1

そのなかなかなことは思わぬ初期に訪れました。新東名に入る前から沼津あたりで事故渋滞の表示があり、通過に1時間以上かかりそうな雰囲気*2。まあゆっくり行こうということでいつもよりゆっくり進めていたわけですが、NEOPASA駿河湾沼津SAの数百メートル手前で・・・!

渋滞の中で結構走っていて、そろそろ渋滞も後半になるかな・・・などと考えてハンドルを握っていた時、ノロノロと走っていた車が止まろうか、あるいは止まった瞬間・・・爆発したような衝撃が後ろから体に伝わりました。自分は本当に爆発したと思い、エンジンはフロントなのになぜリア側で爆発音が!と・・・。

f:id:mnoguti:20161230115048j:plain

あっ、痛っ!ってか、後ろからコツンでした。まさか自分が?なぜ?どうして?・・・気が動転するというのはこういうことかとか・・・まさかねえ。警察が来るまでに小一時間かかり、それから聞き取りとお互い連絡先を交換し全部で2時間ぐらいはその場に止まっていたでしょうか。

f:id:mnoguti:20161230115043j:plain

取り敢えずテールランプが着くことを確認し、しばらくそろそろと走らせて、なんとかいけそうということでそのまま徳島まで走らせていくことに。その後も交通量はあまり減ることもなく、PAやSAは軒並み混雑。トイレに行くのも大変な有様・・・結局、休憩できたのは、静岡SAだったか。時刻は写真のタイムスタンプを見ると午前2時。

この時間なので、飲食店はほぼクローズ。うどん屋だけ開いていて、たまにはということでおきつねさんのうどんをいただきました。

f:id:mnoguti:20161230115104j:plain

その後も、コツンされた後でもあり、運転はゆっくり目で、、深夜を過ぎ早朝になっても交通量は減らず、次の休憩は岡崎SAで休憩の後、四日市と亀山の間で再び軽く渋滞にハマった後は新名神から草津JCTを経て、今回は第二名神?に入り、京都は通らず宇治市を通って、名神に戻るコース。吹田SAで休憩をとった後、西宮まで下って、神戸線を走りやっと明石海峡大橋・・・ここまでくればついたも同然。神戸線ももう少し遅かったら渋滞に巻き込まれていたかも・・・ギリギリセーフ。

その後、橋を渡って淡路SAで最後の休憩。小腹が空いたのでかき揚げ丼を食べる。

f:id:mnoguti:20161230115059j:plain

吉野川市に着いたのは午前10時前。出発前の計画より5時間遅れ、出発時の予定より3時間遅れでした。

f:id:mnoguti:20161230115054j:plain

今回の帰省ドライブは、予想だにしなかったアクシデント見舞われ、着いた当時、昨日は一日疲れでさすがにぐったりで、夜に復活した次第です。

今年の年末年始は短いですが、これから年末の徳島を楽しみます。吉野川の堤防コースを走らないと・・・。

では皆さま、良いお年をお迎え下さい。

*1:これだけ交通量が増えると、車線数が変わる道路構造は非効率だと思いました。全区間3車線化を望みます。新東名の建設を議論していた当時、3車線なんかいらないと言ったどこぞの先生方、交通量の多い新東名を走ってごらんなさい。交通量が多い時は2車線と3車線の混在は全く走りづらい高速ですわ。

*2:東名も同じあたりで事故渋滞だったのですが、そちらの方が早く解消しつつあり、ナビもそちらを勧めてきたのだけど、僕らは走りやすい新東名をそのまま行ったのですが、それが失敗でしたが、そこまでは予想できません。