日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

鰻が徳島ラーメンに化け、峠は秋の気配

この日はいろいろでした。
まず食事・・・土用の鰻を食べていなかったので食べに行こうということで徳島で評判のお店に行ったのですが、午後2時30分に到着したのに10組以上が待っている、並んでいる状況・・・かつ、席に着いてから鰻が出てくるまで1時間以上かかるということで、しばらく待ちましたが、ほとんど食べ終わって出てくるお客さんがいないという状況。
俺たち食べられるの何時になるんだ?遅いお昼ゴハンが晩御飯になるな・・・今回は諦めようか・・・ということで退散*1

それで次に出かけたのが、徳島ラーメンの王王軒さん。
ここは以前に一度来たことがあり、並ぶものの、そこはラーメン屋さん、回転は速いということで遅いお昼はここになりました。
最近ではここのラーメンが一番ということで、自分は肉大を頼み、あっという間に胃袋の中へ落ちていきました。
ごちそうさまでした。

遅いお昼を終え、途中、晩御飯の買い物をして帰宅。夕方、5時近くになっていましたが、ラーメンも食べたことだし、カロリーを消費せねばということで峠走に出かけました。美郷に抜ける掘割峠・・・片道5キロの道のりです。
ふうふう言いながら登って行きましたが、途中、青々した毬栗が道に落ちているのを発見・・・秋は着実に近づいている。

上りはやはり歩いてしましたが、見晴台からの吉野川市の絶景を眺めて下りへ。

吉野川の中流域とその向こうに阿讃山脈が見えてなかなかの眺望です。
こうやってみると改めて吉野川の大きさを感じますが、この景色を眺めながら下りはそれなりに走りました。
上りでは地元のご夫婦に声をかけられ、下りでは自転車のトレーニングでしょうか、上って来た中学生?と、そして川島高校の野球部の生徒と挨拶を交わし、まだここはこういうコミュニケーションがあるのね・・・と思いながら帰宅しました。
市内では、阿波踊り、真っ最中ですが、徳島にいながら今年はテレビで見るという・・・たまにはいいでしょう(笑)

*1:今回は退散しましたが、いつかは食べてみたいですね。