日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

2013年8月の走り込み状況:暑さとの戦いww

Tokyomarathon2012
8月の走り込みは暑さ克服のための走り込みだった。結果として、21回走って、皇居にもなぜか2回、6日と27日の2回も行けてしまった。6日は暑さに負けて2周しかできなかったが、27日は何とか3周15キロを走り遂げた。

その他、お盆の週は、徳島で吉野川の堤防コースを3日間炎天下の10時ごろから1時間少々走り込んだ。最初の日は暑さにやられてふらふらになりながら後半は全部歩いてしまったが、二日目と三日目は何とか走りきった。

8月の走り込み状況は以下の通り。


カウント: 21 アクティビティー
距離: 201.56 km
最高距離: 26.27 km
タイム: 21:54:11 h:m:s
平均距離: 9.60 km
平均タイム: 1:02:35 h:m:s
平均スピード: 9.2 km/h
カロリー: 15,678 C
高度上昇値: 2,898 m

200キロ走れたのは、25日から月末まで帳尻合わせ的に走ってやっと到達できたのだけれど、それでも8月に200キロ走れたのは自分にとって大きかった。昨年の8月は100キロを切って96キロどまりだった。これは胃の調子が悪くなって走れなくなってしまったからなのだが、今年はそれの原因究明と克服が第一の目的で8月の一か月を走った。

胃のむかむかは何が原因だったのかというと、多分、オーバーペースによる体のオーバーヒート・・・こういう表現があっているのか分からないけど、自分の感覚で得た結論としてはこれ。1年目の夏、2011年はまだそれほど走力がついていなかったこともあり、胃のむかむかが出てくるほど早く走れなかったのではないか・・・2012年の夏はそれなりに走力がついて、ペースを春までと同じようなペースで走っていた、ついでに着ているものも真夏にも関わらず首にタオルを巻いて走るなんてこともやっていた・・・それらが重なってオーバーヒートして、それが体で一番弱い胃の部分に出たのではないかというもの。

実験として、首に巻いていたタオルを取って走ってみると、前より長い距離が走れるようになったような気がした。さらにノースリーブのランニング用速乾シャツ1枚で走るようになるとさらに暑さに耐えられるようになったような気がした。

次はペース。昨年は一番暑い時期でも5分30秒ぐらいのペースで走っていたけど、それを今年は6分30秒から7分という遅いペースにして走った。そうすると13キロぐらいまでなら走れるということが分かった。それを悟ったのが、前述のお盆の吉野川の堤防でのランニング。3日間で3回走ったのだが、徐々にペースを上げることが出来たことで、あとは暑さに慣れていくことだけなのだろうと思った次第・・・でももう夏終わってしまうので、暑さに強い体作りは来夏にお預けということですww

暑い夏は早く走るのは無理なので、キロ6分30秒から7分ぐらいでじっくり距離を踏むことがいいのだということが分かったような気がする。まだキロ6分30秒で10キロぐらいしか走れないので☆の夜間走は参加しなかった・・・が、来年は1回ぐらいは参加したいものだ。

9月の目標は、暑さも和らいでくるだろうから、スピード練習をしながら距離も踏みたいということで月間250キロは最低ラインでできたら300キロぐらい走り込みたいところ。ついでに増えてしまった体重をもう一度絞り込まなければww

強い地足とスリムな上半身・・・10月はそれが実現されていますように[E:run]

人気ブログランキングへ

ブログパーツ