読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

この道路標識やっと運転しながら理解できるようになったw

ハンディクラウン(Handy Crown) 初心者マーク マグネット2P HC-412

ハンディクラウン(Handy Crown) 初心者マーク マグネット2P HC-412

 

 高速道路の混雑具合を示す標識、よく見ますよね。高速道路を運転する人はもちろん、この写真のように一般道にもありますから、高速道路を運転しない人も見ますよね。

この標識、高速を運転している時、見て・・・じーっと見て、どういう情報が載っているのか、自分がどこを走っているのか全く分からなかった。まあ、理解しちゃうとどうってことない標識なんだけど、最初は分からなかったね。だってだよ、5とか6とか数字が並んでいて、さらにC1とかC2とか・・・何のことかってなるでしょ。環状線をCで略すなんて知りませんでしたから。

あまりじーっと見ると、他への注意が散漫になって、事故を起こしかねないから、なるべく見ないようにしていたけど、ある時、ふとしたきっかけで、ああ、こういう風に見えればいいのかと一人で納得した。それからは自分の位置とか、行く方向の混雑具合とか大体理解できるようになったけど、それでも見づらいなと思う次第。

f:id:mnoguti:20170308210011j:plain

これから外国からの観光客の人や海外からの長期滞在が増えると車に乗る外国人も増えるだろうと思うけど、彼らはこの標識、見てわかるんだあろうか?と思う。少なくとも僕には未だに運転しながら見る標識としては見づらい部類に入るのではないかと思っている。そもそもこの標識、必要なのかと思わないでもない。

海外ではどうなんだろうねえ。それこそ交通標識なんか、右通行と左通行とあるけど、世界共通化できるんじゃないかなどと思考はあらぬ方向に展開するけど、ほんと、これからグローバル化が進んで国際免許でいろんな国で運転する人が増えるだろうから、交通標識は共通化してしまえばいいのに・・・と思って、あっと気づく、後何年かすれば、完全自動運転車が提供されて・・・そうすればそもそもこんな標識いらねえじゃんって。

IoTの普及・進展はいろいろと影響を世の中に与えますな。これからは変革の時代、いろいろ変なことが起こっても驚いてはいけないのです。そこを楽しむぐらいの余裕を持って、しかし、事故等に巻き込まれないように注意しながら、楽しんでいかないとw

僕にはそういうことはできないかもしれないけど、でも頑張って新しい状況についていかなければいけないと、この標識を見ながら考えるのでした。

その時、僕は手にはスマホを持ち、Pokémon GOをしていたのでした。産業革命は実はゆっくりとした変化だったということらしいけど、これから始まる?あるいはすでに始まっている?第4次産業革命も日々生活している我々からすればおそらくゆっくりとした変化なのだろうなと・・・そしてこういうところでちょっとした変化に気づいて、それが周りを見渡すと結構大きな影響を持っていて、気づいたら革命の一端を見ていたなんてことになるのだろうな・・・これから10年。

この時代に生きられたことはもしかしたら得難い経験をさせてもらっているかもしれない。

はて、出だしは交通標識の話だったはずだが・・・。