日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

暑さの中の爽やかさ:嬬恋高原キャベツマラソン2015

ここまでの夏空は誰も予想していなかったのではないか。
開会式のあいさつで名物村長も「太平洋に台風が3つあって・・・」と言っていた。
事前受付の時、3回目にして始めて会場から浅間山を見ることができた・・・これまでは天気が悪く景色を眺める何てことはなかった。

翌日の本番も当然いい天気で、日差しは強く、しかし風は爽やかという標高1300メートルの高原ならではの日となりました。
本当に走らなければ、これ以上ない高原の1日って感じでした。

浅間山はこの日もよく見えて、タイミングよくちょうど噴いたところを写真におさめることができました。
浅間山の場合、この程度の煙は毎度!って感じなのかもしれませんが、たまに見られるこっちとしては珍しいものを見たという嬉しさと、やはり浅間山は活火山なんだというちょっと恐怖心なんかも感じたりしていました。

私は嬬恋高原キャベツマラソンに参加するためにここにいるわけで、走らないわけにはいきません。
こんなに暑くなるなら9時スタートにしたほうがいいのではないかと思ったり、この暑さの中で完走なんてできるんだろうかと最初から弱気になったり・・・しかし周りはみんな走る気満々で、スタートを待っていました。

レースの一番の走りどころ・・・パノラマライン。中央に浅間山、左側には浅間隠し、手前にはキャベツ畑、雄大です。
この中を往復してきます。下りは走り、上りは歩くって感じ・・・あっ、早い人は当然上りも走ってますけどね。

そしてキャベツマラソン名物は最後の2キロの上り・・・今回は完全に歩きました。
トレイルの後1週間あいたのですが、もう少し体調整えて参加するつもりが、そうはいかなく、今年もハーフのワーストを記録更新してしまいました。
このコースは僕の前に立ちはだかり続けるのでしょうね。当然、来年も出ますけど・・・お疲れさまでした。
おっと、忘れるところでした。恥ずかしい記録ですが、今回のタイムです。
2時間49分38秒
さて、5月下旬の足柄峠走3周連続から始まって、北軽井沢マラソン、スパトレイルKTK38K、そして今回のキャベツマラソン・・・結果は散々でした。峠走、何のために行ったんだ?ってな結果に終わりました。夏の本番はこれから、また今日から走り始めますすが、坂道と暑さは永遠の課題ですね。秋冬のレース目指して頑張ります。
次のレースは、碓氷峠ランと軽井沢ハーフマラソンの2日連続でフルを走るという10月下旬の軽井沢マラソンフェスティバルです。