読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

【人形町】喜寿司:やはり格が違う美味しさ

日本橋ちょい呑みツアー

9月以来の喜寿司さん・・・お久しぶりです。

夕方5時ぐらいに伺いました。いつもだとこの時間にはそれなりにお客さんがいるのですが、この日は私らを含めてカウンターの端と端に1組ずつという静かな店内。こういう時もたまにはいいです。

いつものようにビールから始まり、お通しは塩辛・・・こういう季節になったんだって感じます。そしてお造りは、カツオ、鯛、子鯛、アワビ、後、ミル貝だったかな。カツオの一切れの厚さがいい具合で戻り鰹の美味しさが堪能できました。後、鯛、鯛が旨味が十分口の中に広がっていく・・・ああ、今日はいいって感じ。

焼き物とは鯛のお頭・・・これも美味しかったです。

どれも写真はないので、想像してください。

f:id:mnoguti:20161113102942j:plain

さて、刺身をいただいている途中でビールはなくなり、日本酒へ。菊正宗のぬる燗をいただきます。この菊正の淡麗辛口がいいんです。刺身や握りの美味しさを引き立てます。

そしてこれも季節を感じさせてくれる一品・・・香箱蟹。少し小ぶりでしたが、味は十分。これ食べると冬って感じですね。

f:id:mnoguti:20161113102938j:plain

アップにするとこんな感じ。贅沢な一品です。そしてお酒が進みますね。菊正宗、最高!

f:id:mnoguti:20161113102921j:plain

この後、握りをいただきまして、順不同です、赤身、中トロ、小肌、赤貝、穴子〆さば、イカ(イカの種類は失念)、などなど・・・どれも美味しゅうございました。

そして追加の一品は、こちら・・・手綱巻き。エビと小肌でおめでたく紅白です。今日は小肌がいい感じで美味しかったので、これで〆ました*1

f:id:mnoguti:20161113102915j:plain

贅沢な一品。小肌のいい具合の締り具合、甘み、エビの美味しさ、それを一度に味わえる贅沢な手綱巻き。おすすめです。

f:id:mnoguti:20161113102910j:plain

そして本当の最後に最後、干瓢巻き(わさび入り)をいただいてこの日はごちそうさまでした。

いつもながらの美味しい料理の数々、この日はいつにも増して美味しさったです。

次に行く時は年末・・・。

関連ランキング:寿司 | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

*1:印籠詰とどちらにしようか迷ったのですが、小肌の美味しいさが決め手でした^^v