日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

【新宿思い出横丁】ささもと新宿店:美味しいもつ焼きを普通に食べられる日常はやはり嬉しい

緊急事態宣言解除後、速やかに来る予定だったが、なかなか時間が取れず結局こられたのは10月最終日となってしまった。日曜日の夕方4時半過ぎ、以前ならまだ本格的に混み始める前の時間だが・・・この日は混んでたね。着席するまで少し待って、カウンター奥目に陣取る。

 

 

さて、着席したら、まずはキンミヤ焼酎をいただく。梅シロップは儀式の如く一滴、雫を垂らしてもらう程度。それなら入れなくてもと思うだろうが、これがささもとの飲み方なのだ。ちびりと舐めたら、さて、料理の注文。

Stewed food, sashimi, grilled motsunoyaki... all of them are full of flavor!

煮込み、刺し、もつ焼き・・・どれも満点の味

これはもういつもと同じ順番。まずは煮込み浅いところ3本(シロ2本、ガツ1本)。その後、刺身となるが、この日は豪華にその時あるものを全て下ろしてもらう。6種類あった(赤身、ガツ、コブクロ、コブカタ、テッポウ、センマイ)。味付けはおまかせだが、コブカタは味噌がうまいぞ!

 

 

そしてもつ焼きは6本。ナンコツ、チレ、レバーネギ醤油、カシ味噌、タタキ、チレ脂を焼いてもらう。どれも美味しいのだが、この日はやはりチレ脂を食べられたのがよかった。ただし、ちょっと煮込みすぎて脂が落ちてしまっているの残念・・・でもチレのあの独特の味に脂の甘みは十分味わえたのでOK。

Spleen fat--this is delicious!

チレ脂・・・これが美味しい!

もつ焼きを食べる後半には、キンミヤは三杯半となっている。そこでとどめの黒ビールを頼み、焼酎の割りものとして使わせてもらう。

 

 

この日は野菜系は、久しぶりにオクラ焼きをいただき、最後の最後でキャベツ煮込みをもらった。ここまで肉肉肉だったので、後半で野菜をいただくとホッとする。そしてどちらも美味しい。

Drinks were Kinmiya Shochu and black beer.

飲み物は、キンミヤ焼酎に黒ビール

〆はいつもの通り、ネギスープ。それも変なネギスープ(今、「変な」と言って何が変なのか分かる人は少数派だろうw)。最後にこれを飲むとこの日のささもとでの宴も終わりとなる。

Closing leek soup

〆のネギスープ

今回はまだいなかったと思うが、そのうち、海外からのファンも戻ってくるだろう。このまま元の賑やかさが戻って来ればいいがどうだろうか。

 

 

ご馳走様でした。

関連ランキング:焼きとん | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村