日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

デジタル経済と経済成長を考えるための書籍3冊:知識の経済学は、知識・データの貢献をどこまで説明できるのか?

古くは情報化社会とか情報社会とか情報経済とか、最近は経済成長の切り札として、データ駆動社会とか、AI・ビッグデータ・IoT、データ経済とか、AI経済とか言われている。

 

その情報やデータ、AI、ビッグデータやIoTがどのように経済成長に寄与するのかを理論的に考える際の教科書はいろいろある。以下の3冊はその中でも最初に押さえておきたい。

f:id:mnoguti:20190613085841j:plain

最初はこちら。内生的経済成長論で有名なポール・ルーマーを中心にこれまでの知識と経済成長の関係をまとめたもの*1

ポール・ローマーと経済成長の謎

ポール・ローマーと経済成長の謎

 

 

ジャーナリストがまとめたものなので、初心者でも読み込めるのではないかと思う。これを読むと2000年代初頭までの知識経済研究の系譜が分かる。先日読んだ、岩井先生の本に書いてあった産業資本が経済成長の源泉だった時代にも知識は成長に寄与していたことになるかと思う。規模の経済をもたらした一つが知識であり、そのウエイトが時代とともに大きくなっているのか・・・そのあたりを考えながら読みたい。

f:id:mnoguti:20200123234352j:plain

では知識がどのように経済成長に寄与するのか・・・専門書できちっと理解したい人は、その入門書がこちら。チャールズ・ジョーンズの経済成長入門*2だ。こちらで基本をしっかり理解したい*3

経済成長理論入門―新古典派から内生的成長理論へ
 

 

歴史的背景と理論の基礎をマスターしたらあとは、そこに紹介されている論文を個々にあたり、最新ではどこまで議論が進んでいるのかを確認していくといつの間にか自分の知識も最先端の議論に行きつくだろう。

3冊目がこちら。エルハナン・ヘルプマンの経済成長のミステリー*4。 これは必ずしも知識経済について書かれているわけではないが、先のポール・ローマーと経済成長の謎の序文の注で「最も啓発的だ」と紹介されている。

経済成長のミステリー

経済成長のミステリー

 

経済成長率がこれほど高まったのは、産業革命以降の産業資本が経済成長に寄与するようになってからだろう。技術革新の進展が、エネルギー革命を伴いながら、産業資本を機械化、電子化、デジタル化*5し、経済成長率を高め、豊かな社会を実現したのだが、それを知識の側面から分析するのが知識の経済学だと思う。

最近、言われるようになったデータ駆動社会等にその考えがそのまま通用するのか、あるいは知識とデータはそもそも違うものであり、知識の経済学では説明できない新たな課題が出てきているのか。逆に、知識の経済学のこれまでの知見で今の経済政策、成長戦略を評価したらどのように評価されるであろうか、そのあたりが自分が思いつく現状の研究テーマだ。

まずは1冊ずつ読んでいって理解を深め行きたい。

昨年の情報通信白書の読書会の時に考えたことをより具体的に考えるということになろうかと思う。

mnoguti.hatenablog.com

 

 

*1:原著はこちら。

Knowledge And The Wealth Of Nations: A Story Of Economic Discovery

Knowledge And The Wealth Of Nations: A Story Of Economic Discovery

  • 作者:David Warsh
  • 出版社/メーカー: W W Norton & Co Inc
  • 発売日: 2006/05/22
  • メディア: ハードカバー
 

*2:原著はこちら。第2版が出ている。

Introduction to Economic Growth

Introduction to Economic Growth

  • 作者:Charles I Jones
  • 出版社/メーカー: W. W. Norton & Company
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: ペーパーバック
 

*3:入門といえば同じ著者によるこちらの方がいいかも知れない。

ジョーンズ マクロ経済学 1 長期成長編

ジョーンズ マクロ経済学 1 長期成長編

 

*4:こちらの原書はこれ。表示は、Eonomic and Growthとなっているけど、正しくは、Economic Growthです。

The Mystery of Economic and Growth

The Mystery of Economic and Growth

  • 作者:Elhanan Helpman
  • 出版社/メーカー: Academic Foundation
  • 発売日: 2006/03/15
  • メディア: ハードカバー
 

*5:今は、クラウドと仮想化がキーワードだろう。この2つの技術は今までのデジタル化の単なる延長線上として考えていいのか?

今更ながら、NewsPicksを見始めた(遅いw)・・・情報の大海を泳ぐのは大変だ

情報の海が大きく成長している・・・情報過剰の時代だ。今更だな。それは1995年から始まったインターネットと携帯電話の普及がもたらしたものだ。今年からモバイル通信は5Gの時代に入る。これでさらに情報の大海は大きくなる。どう拡大するのか?興味深いところだろう。

 

この情報の海、従来は情報の入手先であったマスメディア(主にテレビや新聞)が代表的な大河で、情報の海に情報を流し込んでいた。モバイルとインターネットの先にSNS等の新しいサービスの普及*1が新しい大河となり、量と質の両面で自分たちの情報の海を大きく成長させた。

 

それぞれ特徴があり、大海に情報を流し込むこれらをどううまく使いこなし、情報の大海に泳ぐ様々な魚介類を整理し、調理するか・・・もうねえ、海が大きすぎて考えただけで疲れてしまう。

f:id:mnoguti:20190608084553j:plain

新聞やテレビの情報だけでは世の中の動きを正確に把握しずらくなった時代、フェイクニュースが問題になるSNS等から流れるネット上の情報。SNSやネット動画の世界では世の中をちょっと引いてあるいは斜から見ることができる。結構、美味しい魚介類の時もある。

 

多様化したメディアを通し、従来マスメディアで流れてきた情報から、感情移入してしまう身近な情報までごった煮のように混ざり合って流れてくる。境界がない情報の海・・・その中でどう泳いでいくか、自分自身で、自分たちに必要な情報を拾い上げ、整理し、認識していくかが問われている。

newspicks.com

そんなことを思う中でNewsPIcksを見始めた訳だが、自分の情報の取捨選択にとっては役に立つのではないかと思った。

 

今は落合陽一氏の配信を中心に見ているけど、徐々に他の配信番組も見るようにしていきたい。いつでも見られるのがなんといってもいい。

newspicks.com

これからは自分の関心のあるテーマ、あるいは世の中で注目されるテーマについて、分け隔てなく情報を見ていくようにすることが必要なのだろう。何かしたければ、それについての情報をあらゆる面から理解する必要がある。量が勝負。それを実行するのに、NewsPicksはちょうどいいメディアではないかと感じた。

 

*1:「普及」って言葉、なんか古臭いと感じるのは私だけでしょうか。

岩井克人・前田裕之著『経済学の宇宙ー経済を考え抜いた格闘の奇跡ー』:自分の仕事とは、「研究」とは何か・・・を考えさせられた一冊

読み始めてから読了までだいぶ時間がかかってしまった*1。あとがきまで含めると478ページある。最近の書籍としては厚い。

 

岩井先生の学者としての足跡を本人がその時々の周辺の出来事と合わせて書き記した内容だ。 大学院から現在までおよそ半世紀にわたるその学者としての取り組みについて書かれており、非常に読み応えのある内容だった。

f:id:mnoguti:20200105104247j:plain

本書はまえがき、あとがきを除き、以下の通り全8章で構成されている。

  • 第一章 生い立ちー「図鑑」から経済学へ
  • 第二章 MIT留学ー学者人生における早すぎた「頂点」
  • 第三章 エール大学ー「不均衡動学」を書く
  • 第四章 帰国ー「シュンペーター経済動学」から「資本主義論」へ
  • 第五章 日本語で考えるー「ヴェニスの商人資本論」から「貨幣論」へ
  • 第六章 再び米国へー「日本経済論」から「法人論」へ
  • 第七章 東京とシエナの間でー「会社統治」論から「信任」論へ
  • 第八章 残された時間ー「経済学史」講義からアリストテレスを経て「言語・法・貨幣」論に

本書を読み終えた今、なぜか学生の時、犬田先生から言われた「学問は一生のものだから」*2という言葉が自分の頭の中を駆け巡った。

 

岩井先生ご自身の問題意識に沿って、その時々の課題を突き詰めていく、その結果、不均衡動学から言語・法・貨幣という研究課題へ行き着く*3という一見ありえないと思えるこの研究テーマの変遷が明らかになっており、その時々のテーマについていかに格闘してきたかが書かれている。

f:id:mnoguti:20200105104308j:plain

自分が岩井先生の名前を知ったのは、岩波書店からモダン・エコノミックスシリーズの一冊として出版されていた「不均衡動学の理論」を知った時で、すでに就職していたであろうか・・・。

モダン・エコノミックス 20 不均衡動学の理論 (岩波オンデマンドブックス)

モダン・エコノミックス 20 不均衡動学の理論 (岩波オンデマンドブックス)

  • 作者:岩井 克人
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/01/13
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

それと前後して読んだのが、「ヴィニスの商人の資本論」だった。不均衡動学は、自分には難しすぎてお手上げですぐに積読資産になってしまったが、ヴェニスの商人資本論は読んで、こういう解釈もあるのかと目から鱗の読後感だったことを今も覚えている。

ヴェニスの商人の資本論 (ちくま学芸文庫)

ヴェニスの商人の資本論 (ちくま学芸文庫)

 

今回、この「経済学の宇宙」を読んでみて、改めて「研究」とは程遠いところにいる自分を明確に認識することになる。具体的には、本書の380ページから381ページにかけて書いてある「信任論」に取り組むにあたって過去の文献を網羅的に調べなければならない件のところが該当箇所なのだが、こういう仕事の仕方は今、ほとんどありえない。おそらく無駄と言われてしまうかもしれないなあと思いながら読み進んだ*4

経済学の宇宙

経済学の宇宙

 

それから現状の研究に直接刺激を与えてくれた点としては、現在という時代が「産業資本主義の時代からポスト産業資本主義」の時代への過渡期ということだ。そして日本経済は、産業資本主義に適応しすぎたがために、ポスト産業資本主義の時代には、それに適応するために苦労しなければならないというところだ。

 

この記述は自分の中で「ポスト産業資本主義=デジタル経済(知識やデータの時代)」と結び付けられるが、本当にそれで良いのか?という思いと、仮にそれで良いとすると、日本経済は今後どうしなければならないのかなどと考えが進むことになった。

機械による差異化と農村人口の存在が付加価値をもたらした時代から、知識やデータによる差異化とグローバル経済が付加価値をもたらす時代へ移りつつあるという認識と、グローバル経済後がどうなるのかという問い。現状認識としては、我々のデジタル化された情報をほぼ無料で利用したGAFAによる一人勝ち(独占レントの発生)からの脱却として、知識やデータを投入要素として明確に位置付けるとともに、無料で利用されてきた状況から市場メカニズムへの内部化をいかに進めるかという政策課題としての認識・・・どうなのだろうか?

f:id:mnoguti:20200105104258j:plain

本書の内容に戻ると、岩井先生の関心は、貨幣論、日本経済論や法人論そして信任論へと移っていく、それらは独立しているわけではなく、思考してきた結果として必然的に次の研究テーマとして出てきていることが書かれている。そして、それは経済学史*5への思索へと続き、現在では、人間科学と市民社会論の追求となり現在の研究テーマとして結ばれている。

自分にとっては研究とは何か・・・を再度考えさせてくれる内容であった。本書の書名が「経済学の宇宙」というのも読み終えるとなるほどと思う。そしてある意味、このタイミングで本書を読めたというのは自分にとって幸運であったと思う。

 

*1:本書の前に読了したのが、ティムクックの本で、10月下旬のことだった。それから読み始めたとすると、自分の知識が薄く読むのに苦痛?だった、あるいは苦労?した部分もあったこともあり、2ヶ月ちょいかかったことになる。

*2:過去の記事を見ると、「研究は一生のものだから」と言われたと書いてある。「学問」だったのか、「研究」だったのか・・・。

*3:元々は、最適成長論から研究生活を始めており、経済成長を一生の研究テーマとして突き詰めていくことが多いと思うのだが、そうではなかった。

*4:今は時間軸でしか商売していない。まだ人が知りえていない新しい事象をわかりやすくまとめて知らせるという軸だ。無から有を生み出すような知的作業は皆無だ。だから「研究」機関としての危機意識が同時に沸き起こってきたのだが、ここを理解できる人間は自分の周りにどれだけいるか・・・残された時間でどうするか?端的に言って仕舞えば、何のために我々は存在するのかという例の問いかけになる。今のままでいいのか?今の状況(今をそもそも危機と感じているかというところがポイントになるが)を脱するために何をすべきか?割り切って、今の内容で良いとする判断もあるが、それでは状況は改善しなし、存在理由としては弱すぎると自分は思う。

*5:経済学史については、「社会科学とは何か」や「物の見方考え方」についての社会哲学としての書籍として読めるのではないか。是非書籍にまとめて欲しいと思った。