日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

ICT社会の経済分析

ウォルター・アイザックソン著『スティーブ・ジョブズⅡ』:すべてが一体となって機能する

第Ⅱ巻、ちょうど1ヶ月かかった。その間に日本のパソコン史を読んでいたからだが。 mnoguti.hatenablog.com 第Ⅱ巻は、圧巻だ。そりゃそうだろう。ジョブズが復帰してからの怒涛の進撃が描かれているのだから。Think Differentから始まり、iMac、アップルスト…

ノマドワーカーは点と線と面を求めて今日も行くw

水曜日の午後は外の講演会やイベントに出席するため、出ずっぱりだった。 最初の講演は、最近の情報通信政策や5Gの携帯電話についてだった。特に5Gについては、電話という範疇を超えたサービスになるだろうということで、今までの流れ(All in One)がついに…

メモ:日本はITを使いこなせていないのか?

今更ながらだけど一応メモとして書いておく(以前どこかに書いたかも・・・)。 日本の企業は米国や中国に比べてITをうまく使えていない、仕事に取り入れられていないとよく言われたが、そうなのだろうか?という点について、多分、必ずしもそうではないだろ…

関口和一著『パソコン革命の旗手たち』:アップルが米国で急成長しているころ日本のパソコン産業も元気があった!

ジョブズの伝記の第Ⅰ巻を読んだところだった。その内容は面白いのはもちろんだが、パソコン産業という1つの産業が誕生し、成長していく様をジョブズの視点から見られていろいろ考えさせられた。 mnoguti.hatenablog.com すぐに第Ⅱ巻を読み始めるはずだった…

シェアリングエコノミー協会Sharing Neighbors主催:[個人会員限定]snsセルフブランディング基礎講座に行ってきた

将来、何かやりたいと思っているが、何をやるかは決まっていない・・・が、動き出さないといけないという思いから、シェアリングエコノミー協会のSharing Neighborsに登録し、そこでの基礎講座に参加してみた。 sharing-economy.jp この日のテーマはセルフブ…

ウォルター・アイザックソン著『スティーブ・ジョブズⅠ』:洗練を突き詰めると簡潔になる

2011年出版だが、ずーっと積読になっていた。なぜ読まないで放って置いたのか自分でもよく分からない。当時は、Apple製品はiPhoneを使うかどうかぐらいだったので、Appleやジョブズにあまり興味がなかったのかもしれない。それなら買うなよって言われそうだ…

新井紀子著『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』②:基礎的読解力を意識する

少し前、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の記事を書いた。その中では、AIの可能性とともに現代は文章を理解できないという危機的な状況にあることを紹介したにとどまった。実際に何をすべきかについては触れなかった(当然、本の中には書いてある)。…

新井紀子著『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』:AIの可能性とこれからの経済社会を考える

国立情報学研究所の新井氏が書いた問題提起の書。 AIとAI技術の違い。現在、AIと言われているのは正確にはAI技術のことであること。 AI(技術)にできることとできないこと。現状の数学では汎用AIを実現するのは不可能であること。AI万能論に対して、現実が…

坂井豊貴著:決め方の経済学ー「みんなの意見のまとめ方」を科学する:多数決の限界を知る一冊

多数決は民主的な決め方だ・・・と小さい時から教えられてきたような気がする。一方、最近の価値観が多様化している状況だからか、例えば選挙で投票するとき、この政策はあの人だけど、これについては支持できないとか、複雑な思いをする。そして選挙結果を…

今の働き方改革は中途半端ではないか?:目指すのは妄想を促進する働き方だ!

働き方改革・・・今もってなかなか関心があるようだ。 // 働き方改革というとどういう改革をみんな連想するのだろうか。 例えば、こんなところだろう。 労働時間の短縮(ノー残業デー、朝型勤務、深夜残業禁止など) 休暇の取得推進(時間単位有給休暇、有給…

iPhone XS MAX:買ってしまいました>< @ドコモショップ日本橋浜町店

来年まで待つかと考えていた・・・スマホの買い替え、本日、夕方、ドコモショップに行って実行してきました。 近所のドコモショップで機種変更したのですが、昔に比べて手続きの時間が短縮されているのにびっくり@@! 変にイライラすることもなく、スムー…

坂井豊貴著「暗号通貨vs.国家ービットコインは終わらないー」:面白い、読みやすい、そして理解できる

この本はいい。何がいいって、読みやすい、面白い、そして理解できる。三拍子そろっている。だから、あっという間に読み終わってしまった。読了後には、ビットコインやブロックチェーンのことが頭に残っている。 人に読ませるにはこういう風に書けって感じ。…

CEATECに中学生、高校生を呼ぼう!

CEATEC(Combined Exhibition of Advanced Technologies)、毎年10月ごろに開催されるアジア地域最大の規模のIT技術とエレクトロニクスの国際展示会だ。幕張メッセで開催される。 そのCEATEC、これまではCEATEC JAPANと言っていたが、今年からJAPANを取るとの…

今更ながらスマホへの依存ぶりを認識する・・・そしてiPadPro、いいね!

忙しくて慌てていても忘れちゃいけない!今日、外出時にスマートフォンを忘れた。 改めてないとやはり非常に不便。 スマホを忘れたある日の午後 タブレットも同じようなツールになるか? 技術は使い倒そう スマホを忘れたある日の午後 まずは外出する時はた…

宮川努著「生産性とは何かー日本経済の活力を問いなおすー」:働き方改革は必須です

バブル崩壊以降、20年以上に渡り低成長にあえぐ日本経済(最近はバブルっぽいけど)・・・その日本経済に再成長とそのための活力と取り戻すための一つの見方を提示したのが本書だ。そのキーワードが、「生産性」ということで、生産性を中心に日本経済を多面…

謹賀新年2019年:今年は、控えめに、より速く、より正確に、より深く、より広く

新年明けましておめでとうございます。 まずは富士山から!! 2019年はじっくり、一つ一つを大切にいきたいと思います。もう一度、最初に戻り、考えることを大切に、いろいろな体験を自分の骨身、血肉になるように、無駄にしないように1年間を過ごすことが…

2018年の振り返り:何冊の本を読んだのか?(後半)

さて、後半です。 後半最初はこれでした。 mnoguti.hatenablog.com ここで取り上げた本は次の2冊。 the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 アメリカ経済 成長の終焉 上 アメリカ経済 成長の終焉 下 世界の覇権と情報経済に思いを馳せていたようでした。 そし…

2018年の振り返り:何冊の本を読んだのか?(前半)

2018年にこのブログで取り上げた本、その中で読み終えた本があったかを振り返ってみよう。予想としては、読了した本は少ないのではないかと思う。 まず最初に取り上げたのはこの本でした。 mnoguti.hatenablog.com Rのマスターとベイズ統計の理解を同時にや…

5Gというマジック・・・変わる変わるよ世の中は変わる

いつの時代も、世の中というのもはいつの間にか変わりゆく。 2000年ごろ、みんなが携帯電話を持つようになった。誰でも携帯電話の時代だ。 時代-Time goes around- アーティスト: 中島みゆき,瀬尾一三,倉田信雄 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニ…

メモ:情報通信市場における競争政策:MNO楽天モバイルの参入・ネットワークの拡張

最近、競争政策とはとんとご無沙汰だが、先日のMNO楽天モバイルの参入に関する記事で、KDDIと提携するという記事を見て、少々違和感を覚えた。その際、それに関するtweetをしたので、それをここにまとめて上げておく。 tweetした時のままの文章なので、色々…

【ホワイティうめだ】ベシャメルカフェ:ノマドワーカーは今日も行く:マジックコネクトは便利だ!!

大阪への出張は年に何回かある。そんな時、遅い昼食を取るのが、誰でも知っているホワイティうめだ界隈。そして昼食後に時間がある時、ちょっと寄らせてもらうのが、こちらのベシャメルカフェ。 お昼時は過ぎているので、比較的空いている。席を確保してから…

CEATEC JAPAN 2018:こういうところに行くのも必要なこと

毎年恒例、CEATEC JAPANが、10月16日から19日まで幕張メッセで開催された。 www.ceatec.com 幕張メッセのあの会場に大手から中小企業、ベンチャーまで多くの企業が次世代の製品、技術を競って展示している。説明もしてくれて色々刺激を受けること間違いなし…

Sharing Economyは浸透する:金曜日の夜、渋谷にて

シャアリング・エコノミー・・・最近注目されるワードだ。 これまでの大量生産・大量消費時代とは異なる、ロングテールのテール部分のニーズを顕在化*1し、みんなの痒いところに手がとどくサービスが盛りだくさん。地域密着型もあれば、ネットで距離を超えた…

若林恵「さよなら未来 エディターズ・クロニクル2010-1017」:大部で内容のある一冊

最初、本書を手に取って読み始めたとき、自分は著者が女性だと勘違いして読み進めていた。それは、最初のまえがきというか謝辞が「S君のこと」という一つの振り返りから入っているその入り方や著者の名前(失礼^^;)から勝手にそう思い込んでいただけなのだ…

今更ながらiPhoneにビデオを取り込んで見たり

先日、アイフォン君に音楽を取り込んだ話を書いた。 mnoguti.hatenablog.comこうなると次は当然、動画を取り込みたくなるというもの。しかも取り込みたい動画があると来たもんだ・・・ということで取り込んでみた。取り込み方はネットに出ているので、そちら…

【新宿】但馬屋珈琲店 小田急百貨店:贅沢な時間と空間と本と

先日、人間ドックで新宿まで行った。昼過ぎに検査は終わったので、その帰りに久しぶりに新宿の街中をぶらぶら。この日も酷暑と言われる日だったこともあり、外を歩いているのはかなりの苦痛・・・ということで、小田急百貨店新宿本店にある但馬屋珈琲店でし…

量子コンピュータ業界の整理:3つのフェイズで整理する

GoogleやIBMなどIT関連の巨大企業を中心に盛り上がっている量子コンピュータだが、いろいろ記事を読んでみるとだいたい以下のような状況らしい。 まずは理論面だ。 量子コンピュータは、量子力学の理論の応用としてその実現が可能なことが示されている。従来…

Rで時系列分析をマスターするのにRStudioを使う

ビッグデータが注目されるようになってから、にわかにデータ分析、実証研究の世界が賑やかになってきた。 シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」 作者: ネイト・シルバー,西内啓,川添節子 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2013/11/28 メディ…

一応、自分も投資家です・・・この時期のお楽しみ配当金がきたw、一方で将来を考えたりして

自分も一応投資家。 自分の場合はかつての日頃の生活を考えてANAの株主になりました。年一回の配当金、そして株主優待券を楽しみにしている小市民です。 最近、グロービスさんのこの手の動画をよく見るのですが、こういうの見ていると今出資するならどういう…

2020年以降の日本経済はどうなるのよ

2020年まではオリンピックがあるので、それに向けてみんな一心不乱に走っているが、それが終わった後、どうなるのか? こういうの見ると、今すぐ2020後を考えて行動しましょう、そうしないとやばいってことがよくわかる。 AIの進化は経営をどう変えるのか? …