日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

数学

高橋一雄著「語りかける中学数学」:結構、理解してないところがある

iPad Proのアプリ、Goodreaderを再購入した。これで昔、自炊した書籍が読めるようになるということで、まず手につけたのが、「語りかける中学数学」だ。 増補改訂版 語りかける中学数学 作者: 高橋一雄 出版社/メーカー: ベレ出版 発売日: 2012/11/21 メディ…

結城浩著「数学文章作法 基礎編」:自分の考えを伝えるには読者を考えながら書くことが大切

分かりやすい文章を書くというのは意外と難しいものだ。自分も職業柄文章を書く機会は多い方だと思うが、満足のいく文章を書けたときはその達成感はかなりのものだが、それで相手に自分の意が通じているかといえば、それはまた別の話ということになる。自分…

鶴亀算とか

鶴亀算とか流水算とかあるけれど、方程式を知っている人は、それを使って解けばあっという間でお茶の子さいさいだけど、じゃ、それを使わないで解くにはどうするかってなると結構厄介。それを考えて気がつくことで鶴亀算・・・というか算数や数学の考え方が…

指数と対数

であるとき、 、 さらに正の整数pに対して と定義する。任意の整数m, nに対して指数法則 が成立する。累乗根は次の性質が成り立つ。a, bは正の数。, nが正の整数、mが整数の時n, pが正の整数、mが整数のときm, nが正の整数のとき、

基本的な問題を繰り返し

数学を勉強するには基本的な問題を繰り返し解くことが、自信にもつながりまた頭の使い方も覚え、いいそうだ。そう思いながらもう何年たったことか。諦めない・・・諦めない^^

数の構造2:有理数以降

前回は数の概念を拡張するのに、その四則演算との関係からそれを試みた。それで有理数までは辿り着いたわけだ・・・というところで、有理数の復習。・・・という具合に、割り算だけ具合が悪いことになっている。さて割り算では1÷3=1/3と分数で表される。ある…

基礎知識:ギリシャ文字

経済数学に新規(あるいは再)参入する際、ネックになるのが各種記号だ。特にギリシャ文字は頻繁に使われるだけに、ちょっと読み方が分からないだけでもすごくできないような気分になり、脱落する一因となる。そこでここでもギリシャ文字の読み方をメモして…

数の構造:自然数、整数、有理数、ちょっと実数

数の構造が四則演算(足し算、掛け算、引き算、割り算)と密接に結びついているとはついぞ気がつかなかった。まず最初は、自然数。自然数は0,1,2,3,・・・と続く、我々にもっともなじみの深い数。自然数が四則演算とどういう関係にあるかというと・…

40歳の手習い

さて、ブログのプロフィール欄にも書いていますが、数学には悪戦苦闘の日々です。その割りに好きなものは実証分析だったりするものですから、困ることが度々です。しかし、僕の周りには理論や実証分析に強い優秀な仲間がいて、僕を助けてくれます。本当にあ…

算数と数学の不幸な位置づけ2

2004年9月18日の日本経済新聞の教育欄に「『数学的考え方』重視を 実社会の問題解く手がかりに」という見出しで東京理科大の芳沢光雄先生の文章が出ている。そこには社会に出てから数学がどのような場面で必要になるかが書かれている。現状では数学的…

算数と数学の不幸な位置づけ

「あんなの勉強したって大人になってから全然使わない」、「だから勉強する意味がない」、そしてついには「勉強する必要はない」とまで言う人がいる数学だが、本当にそうなのだろうか。人間は感情的動物であり、論理的思考のできる生き物だ。その論理的思考…