日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

東京五輪マラソンコースの我が家から風景

 昨日の記事で東京五輪のマラソンコースが我が家の前を通ることを書いたけど、実際どんな感じなのよということで・・・

mnoguti.hatenablog.com

我が家の部屋からの眺めです。写真は2017年の東京マラソンの風景。

ぺんてる本社の奥から浜町中の橋交差点までずーっと見渡せます。

f:id:mnoguti:20180602094302j:plain

直下は、浜町中の橋交差点。行きと帰りとバッチリ@@!

写真は車椅子の選手が浅草折り返しから門仲に行って、中の橋交差点に戻ってきているところ。反対側はこれから浅草へ向かう一般のランナーたち。この辺りの人たちはサブ4ぐらいでしょうか。

f:id:mnoguti:20180602094256j:plain

沿道にはかなりの応援の人たちが見ていますが、実は浅草方面へのトップ選手の通過後、サブ3ぐらいの人たちが通り過ぎる頃はそんなに応援の人たちいないのです。

f:id:mnoguti:20180602094249j:plain

サブ3.5から後になると応援の人たちも増えて、みんなでランナーを応援してます。車椅子の選手やトップの選手はあっという間に通り過ぎて行きます。本当にあっという間です。

f:id:mnoguti:20180602094256j:plain

今度の五輪コースだとこの後、浅草寺の前をぐるっと折り返して、すぐに戻ってくるのでその時間20分弱でしょうか。観戦はあっという間に終わりますね。

最初の東京マラソンのコースと同じだと思います。あんな感じね。

f:id:mnoguti:20180602094235j:plain

今の東京マラソンのコースは浅草まで行った後、門仲まで行って戻ってくるので、それなりに時間かかります。2017年からそうだったと思いますが、それでもトップ選手はあっという間ですね。

f:id:mnoguti:20180602094425j:plain

・・・ということで、2020年の東京五輪のマラソンでは特等席が確保できたということで楽しみです。

陸王

陸王