読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

朝のルーティン:スクワット、腹筋、腕立て

40000キロの旅 健康日記(減量、体調など)
限界突破マラソン練習帳 「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニュー
 

今シーズンの大リーグ放送でイチローが取り上げられるとき、よく話題になったルーティン。毎日、決まってやる動作のこと、儀式みたいなもの、だが、これに刺激されて自分もやるようになった・・・というよりは再開したというのが正確か。

f:id:mnoguti:20160627223308j:plain

今までもやるときはやっていたんだけど、いつの間にかやめてしまうというのがパターン・・・何をやっていたかというと・・・毎朝・・・

  • スクワット(50回から多いときは200回以上)
  • 腹筋(20回から50回)
  • 腕立て伏せ(20回)
  • 素振り(20回)

これらをやっていた。

なぜ続かなくなるかというと、慣れてくると体が軽くなるので、上の通り、スクワットとか腹筋は回数を増やす・・・そうすると朝、時間がないときにその回数をこなせなくなる時が出てくる。こうなると、継続というインセンティブが途切れ、毎日が1日あき、2日あきというふうに徐々にやらない日が増え、最後はやらなくなってしまうというパターン。

さらに輪をかけるのが、目的がまず、筋トレやダイエットに少しでも貢献するようにということで、やらないと駄目という強迫観念が強かったのが逆に負担になり・・・ということになる。それのきっかけを作るのが飲みすぎた翌日の寝坊。

で、今回は、まず筋トレやダイエットの延長線上で考えるのはやめた。朝、体を覚醒させるためにやるという位置づけ。だから回数も

  • スクワット30回
  • 腕立て伏せ10回
  • 腹筋10回

という具合。これなら1~2分で終わる。よほそ急いでいるとき以外はできるということ。これだけでもやるのとやらないのでは、朝の体の動きがずいぶん違うと思う。それに加えて素振りを少々という感じ。

始めてから数か月たつが、最近は飲みに行くこともほとんどないこともあり、朝のお勤めは今のところ継続されている。

さて、無事、年を越して来年も続きますでしょうか。

低糖質&抗酸化ランニングのすすめ:あなたの“走り

低糖質&抗酸化ランニングのすすめ:あなたの“走り"はまだまだ進化する!