読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

やったぜ!浅間高原30キロ・・・不思議な体験でした

不思議な体験をした。今回は浅間高原のいつものコース、メインは浅間牧場の交差点から浅間火山博物館までの4キロ。

浅間牧場の交差点に来るまで3キロはいわば準備運動。さてそこからが登り約200メートルの登りが続く、特に後半の2キロがポイント。大概はこのコースを1回上がっただけで終わるのだが、今回は初めて3回上がった。これができたことも不思議だったことの一つ。

今回も心拍数を重視した走りだったのだが、やはり最初から高め、ほぼ130台で推移したような感じだ。それはそれとして、今回びっくり@@!したのは、1回目より2回目、2回目より3回目の方が登りで脚が動いたということ・・・なんで?って感じ。

ひたすら心拍数だけ気にして走っていたのだが、下りは下りで今までの最速の記録を上回った*1・・・自分で無理してピッチを上げたわけではなく、脚はなるべくリズムよく動くようにしてあとは心拍数だけ気にして走っていた。下りは普通に126ぐらいの心拍数で走っていた。それでも最速を更新した。

結果、ペースも618と前回の25キロ走の時より速くなっている。30キロ走ってこのペースで行けたのが不思議。動いんたんだよねえ。以前は、登りが弱いってことでそこをいかに速く駆け上がることを考えて、それで途中で続かなくなり、結果、歩くというパターンの繰り返しが最近だった。それがそれなりのペースで歩かずに登っている自分がいる。不思議だった。ペースにこだわらなくなったことでこれだけ変わるのかって感じ。

 次回、北軽井沢に来るときは、軽井沢のマラソンフェスティバルになる。1日目の碓氷峠走、二日目の軽井沢リゾートマラソン、今年から公認コースになったのでまずは二つのレースを完走して完走メダルもらうことを第一目標にしよう。

今日の浅間山は最初のうち、頂を雲で隠して見せてくれなかったが、2回目に上がったときは見ることができた。そして3回目はまた見えなくなっていたので、少し下ったところから、谷川岳方面(多分)の景色を撮ってみた。

f:id:mnoguti:20161009193728j:plain

この写真を青空をバックに撮りたい・・・それが今のこのコースを走る時の一番の望み。

心拍数に拘った走りはこれからも続く。

10月のラン:130.0キロ
(9月のラン:184.0キロ)
2016年のラン:1631キロ

*1:もちろん735になってからのことです。