読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

イチローの言うことは深いねえ

仕事からの教え

いつの間にか日本のプロ野球も始まっていた。そしてアメリカの大リーグも。イチローはレギュラーというわけではないがメジャーリーグで今年もプレーしている。

そのイチローのインタビュー。野球人の稲葉氏との絡みだったので、その特徴がより鮮明に出たのかもしれないが、単純に面白い。そして深い。

イチローイップス!信じられない。それも高校からプロ野球に入ってもしばらくはそうだったって・・・彼も人間という一面かな。

考え方もシンプル・・・自分の目標(プロ野球に入る)ことに対し、無駄は一切しないって感じ。その延長線上に甲子園はあっただけ、ピッチャーをやったこともそう。なるほどねと思わず感心してしまいます。

それから茶目っ気もあるし、気を配ることもできる・・・ナイスガイって思います。


◆マーリンズ・イチロー選手×稲葉篤紀さんの対談 [2016] 前編

練習の話、ウェイトトレーニングの話、プレーに対する考え方、リラックスの仕方、部分はダメ、全体を、目に見えないところも考えて、理解して考えないとダメって・・・なるほどね。要するにやりすぎはダメだし、やるにもやり方があるってこと。

遠回りがすごく大切で、無駄なことって無駄なことではない。遠回りすること・・・失敗を経験することが大切。


◆マーリンズ・イチロー選手×稲葉篤紀さんの対談 [2016] 後編

ウェイトトレーニングすると体が重くなるから動きが鈍くなるって・・・それは贅肉が付いていない人がいうことね。某ダイエットしている人はもっとウェイトトレーニングして肉体を絞ったほうがいいね。自分の状況を考えれば、もっとトレーニングして絞りましょうってことだろうな・・・繰り返しになるけど、自分はね。

やることに無駄がないということは確かにそうだと思う。失敗をしないと深みが出てこないというのもそう。効率ばかり追い求めると肝心の力をつけることはできない。どちらかというとその場しのぎになりがちだ。

f:id:mnoguti:20150524122550j:plain

無駄にするのもしないのも、その時々の考え方次第だろう。無駄なことはない・・・これ仕事をする上で一番の教訓。無駄だなと考えた時点で負けね(勝ち負けでいうことでもないかもしれないけど)。

困難なことにチャレンジしてこそ自分を伸ばすことができるし、それを可能にするためには何をすべきかを常に考えながら、先を考えながら日々を過ごすことが大切だろう。当然、一見、無駄なこともあるし、面倒なこともあるけどね、それをあえてコツコツやっていくことが大切。僕らの世界だと、いかに一次情報に接し、それを積み上げていくかってところが問われているし、それをするために何をする必要があるかってこと。

あれ?イチローのインタビューからこっちに話が展開するとは予想してなかったよ。

彼には1日でも長くプレーしてもらいたいものだと思う。