日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

トレランもどきの浅間牧場天丸山往復

いつもは町営の鬼押出し浅間園の浅間火山博物館前の駐車場を折り返し地点として走る北軽井沢のランニングコース。
浅間牧場前の交差点から博物館駐車場までの4キロがメインだ。その起点になっている交差点の反対側の牧場の中も前から一度走ってみたいと思っていた・・・浅間牧場前の交差点から片道3キロ・・・牧場の中を天丸山まで走るコースだ。
今回初めて行ってみた・・・最初、見晴台までオフロードをちょっと上がる。丘越えての碑があり、そのあと少しオフロードが続くが、あとは大部分は舗装の道・・・途中、熊出没注意の看板にビビリながら案内板を頼りに行く、ほぼ3キロぐらい、左手に小高い丘があり、これがそれか?と・・・その小高い丘に上がっていくとありました「天丸山」という標識。

コースとしては、浅間火山博物館のコースがひたすら上り、ひたすら下るコース。こちら天丸山は博物館コースより1キロ短いけど、標高差はほぼ同じようなもの、かつ、アップダウンがあるのでこちらの方がきついと思います。
またオフロードでの坂が牧場入り口から見晴台までと、遊歩道から天丸山の上りのところに少しだけれどあるので、上り下りのちょっとした練習にはなります。
遊歩道から上まで上がると標高1343.8メートル・・・周辺を見渡せば決して高くはないけれど、眺めは360度の眺望が利き、晴れていれば浅間山、浅間隠し、草津白根、四阿山など四方に素晴らしい山々が姿をあらわすはず。

この日は少し雲が多く、浅間山もご覧の通り、隠れ気味。絶景は次の機会までのお楽しみということで。
天丸山の頂上にあった不思議な標識・・・頂上を示す標識は他にあった。しかもこれには「東大」と刻んである。

帰り、気付いたのだが、木の根っこのあたりに引っかき傷のようなものが・・・熊出没注意の看板が頭をよぎる・・・熊鈴必須です。

やはり今年は目撃情報が多いとのこと、浅間牧場・・・いやいや、北軽井沢周辺を散策する時は熊鈴は必須ですね。ほんと、転ばぬ先の杖です・・・ならぬ、襲われる前の熊鈴です!

この熊鈴は、スパトレイル38キロを走った時、実際に使ったものです。よく鳴ります・・・耳が痛くなるぐらい。そしてカラビナで止められるので取り外しも便利、ぜひ準備しておきたい一品です。
そして走り終わったら、牧場名物ジョッキー牛乳をどうぞ!

昔からあった名物です。
35年ぐらい前に飲んだことあるけど、まあ、牛乳でしたw