日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

C言語、50の手習い・・・肩肘張らずにw

30代の頃、一度、手を染めたことがある・・・C言語
今回、20年ぶりにパソコンにインストールしてみた。
仕事で使うなどというたいそれたことを考えるとすぐに挫折するので、ボケ防止のつもりでゆるゆると進めてみたい。
そこで教科書どうするかということになるが、昔買った書籍が何冊も積読(不良資産)化していたので、そこから選ぶことにした(当然だろうw)。

C実践プログラミング 第3版

C実践プログラミング 第3版

その1冊目がこれ「C実践プログラミング」というやつ。
これは以前C言語を勉強していた時に使っていた本だ・・・それを再度引っ張り出す。
正確に書くと、その時は初版とかを使っていたと思うが、今回のは第3版・・・第3版なれど、以前に購入したものだ*1
C言語による最新アルゴリズム事典 (ソフトウェアテクノロジー)

C言語による最新アルゴリズム事典 (ソフトウェアテクノロジー)

そして、こちらまで使うようになったら大したものだが、今回持ち帰る書籍としてはC言語による最新アルゴリズム辞典だ。
Amazonのレビューで今でも高い評価を受けていて、これも当時購入したものだが、今だにこの版で売られているみたい。
ページを開くか分からないけど、浜町の本棚に置いておこうと思う。
さてどれだけできますか・・・w
入門 Unix for OS X 第5版

入門 Unix for OS X 第5版

最後にこれ。これはMac OS Xを理解するための1冊。
OS Xに慣れていないというか、UNIXをちゃんと理解できていないのでこれだけは新たに購入した。
では、地道に進めてみます。

本日は夏至

今日は夏至だ。1年でもっとも昼間の時間が長い日。そして明日から冬至に向けて昼間の時間が少しずつ短くなっていく。
実際、昼間が短くなったと感じるのは、8月の下旬あたりだろうか。なんとなく短くなっていくというのが嫌なんだよね。

*1:初版は確か翻訳の文体に特徴があったのではなかったか。丁寧に書いてあって勉強しやすかった記憶がある。