読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

スケジュール管理をシステム手帳に戻してみた

仕事からの教え

2011年ごろからシステム手帳を止めて、Googleカレンダーを使っていたんだけど、2014年度から元のシステム手帳に戻すことにした。

techo20140424.jpg

Googleカレンダークラウドなのでどこからでもチェックできるから便利なんだけど、どうも書き込みを忘れがちになってしまう。機能をもう少しうまく使いこなせばそこら辺りを自動化できるのかもしれないが、それをするのも面倒くさく、どうにかならないものかと考えた末・・・元に戻すことにした。

そこで改めて前回手帳からGoogleカレンダーに変えた理由を考えてみたんだけど、最初どうしても思い出せなかったのだが、使ってみてハタと気づいた・・・老眼が進んで手帳を使うのが、特にスケジュールを書き込むときがすごく億劫になって止めたのだったと。

また使い始めた現状も使い始めて気づくほどだから、原因となった老眼が改善しているわけでもなく、どうしようかと迷ったけど一応1年間は元の手帳でやってみようと今のところ考えている。

今は書き込む道具・・・ボールペンか鉛筆かシャーペンか・・・をもう少しどうにかしたいと思っている。

手帳でもGoogleカレンダーでもどちらでもいいんだろうけど、手帳の方が後で見返したとき毎年1冊たまるので自分の歴史(大げさだww)を感じることができるのはいいのだが、やはりスケジュールを書き込むのが面倒だし、手帳そのものを忘れるとどうしようもない。その点、Googleカレンダーは書き込みは多くの場合コピペで済むし、大きいのは持ち歩かなくていいこと。スマホかパソコンがあればどこででもチェックできる。

将来的にはまた電子的なものに戻るのかもしれないけど、今年は古き良きものの再活用でちょっと気分を変えてみるということで、さてどうなりますかw