日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

Quality Economic Analyses Produces Winning Markets

日本橋濱町Weblog(日々酔亭)

宇平印の入ったきき猪口:探し求めていた利き猪口があった!

その昔、菊正宗さんの酒蔵に行った時に購入した利き猪口が非常にお気に入りだった。菊正宗のロゴが入っているもので、国税庁が鑑評会のきき酒用として公式に使用している薄縁の利き猪口だった。

よくある利き猪口は厚縁で全体に重いのだが、それは違っていた。薄くて、軽くて、猪口が口にあたるときも気にならない、飲みやすい一品だった。これで飲む日本酒はたまらなかったね。それが先の震災で食器棚から落下し、ものの見事に割れてしまったからがっかり

その後、ネットで探していたけどなかなか見つからない。その中で利き猪口には本格仕様の薄縁のものと、通常、お店で使われる厚縁があるとか学んだ次第。目的の薄縁のそれは、菊正宗さんのネットショップでも見かけたが、いつも在庫なしだった。今年の6月ぐらいだったか、宇平印ではない薄縁の本格きき猪口を購入したが、やはりちょっと違う・・・という思いが残った。

f:id:mnoguti:20170507233449j:plain

今回、年末ということもあり、何気なく菊正宗さんのネットショップをのぞいたら、あった!・・・それも最後の1個・・・ついていたのか、もっと早く覘いていれば何個か購入できたのではないかと考えると、しまった!って気がしないでもなかったが、何しろ一つは購入できた。

写真がそれ。やはり今年夏に購入した利き猪口とは違う。全体的にどっしりしている感じで、薄縁の感じがより薄くなっているように感じる・・・手で持ったときの感じが何とも言えない。いい感じ、いい感じ、早くこれで美味しい日本酒をぐいっといきたい気分(写真はその後のものでこの時のものではないので日本酒が入ってますw)。

今晩あたり、真澄の新酒があるからそれをこの猪口で飲んでみるか。そして土曜日には日本酒の買出しに行こう。たぶんそろそろ樽酒がそろっているころだと思う。

いや〜、楽しみww